FC2ブログ
        

2009年Fins夏合宿in渡嘉敷島

2010/ 03/ 27
                 
シーズン中は忙しくてup出来ずにいました昨年分のlogを少しずつupします、行程などは前後すると思いますがそれはご勘弁くださいm(_ _)m、基本的には写真を沢山入れていきたいと思っております。


まずはFins夏合宿からです。
Fins最大にて、年間行事の中でも最も重要な『夏合宿』、ここ数年は台風に悩まされることもなく、予定通りの行程で行うことが出来ていたのですが、果たして今年は?、出発前に見ました天気図では、フィリピンの東方海上に発生しました熱帯低気圧が気になるところです、ですがとりあえずは予定通りの出発です。

今回の夏合宿は往路は那覇で1泊して、翌日、朝の高速艇で渡嘉敷島に5泊6日の行程でした。
出発風景から
DSC00123g.jpg  DSC00127g.jpg  DSC00129g.jpg
DSC00133g.jpg

けらま荘到着です。

到着すると直ぐに3年生は持ってきた機材の点検と整理です。
DSC00136g.jpg

この夏合宿ですが、行程やバディー決めなど 全てにおきまして学生主導で行われます。
全体を2チームに分けてそれぞれに担当インストラクターが受け持ちます、私は全体を統括するのですがそれはダイビングにおいてのみでして、合宿中の生活面では部長が統括いたします。
2チームに分けられますが、それは合宿中ずっと同じではなく毎日変わります、出来るだけ沢山の人とバディーを組ませる様にします。
それぞれに合宿中の目標を持たせ、スキルアップに励ませます!、出来たこと出来なかったこと、毎日のlog付けの時に反省会も長時間渡り行います。

まずはトレーニング部長中心に学生だけでのミーティングが始まります。
DSC00154g_20100327113658.jpg  DSC00155g_20100327113658.jpg  DSC00156g_20100327113658.jpg  DSC00157g_20100327113658.jpg  DSC00158g_20100327113657.jpg

こんな風景が毎晩毎晩繰り返されます。
DSC00146g_20100327112555.jpg  DSC00147g_20100327112554.jpg  DSC00148g_20100327112554.jpg

DSC00149g_20100327112554.jpg  DSC00150g_20100327112554.jpg  DSC00151g_20100327112553.jpg


合宿中のダイビング風景です、1日1日と、スキルアップしていくのが分かります。
2IMG_0175.jpg  2IMG_0180.jpg  2IMG_0241.jpg  2IMG_0240.jpg  2IMG_0246.jpg  2IMG_0191.jpg  2MG_0174.jpg  2MG_0178.jpg  2IMG_0186.jpg  2IMG_0190.jpg  3IMG_0275.jpg  2IMG_0245.jpg



バックロールエントリーしてそのままヘッドファーストで素早く潜行するなんてのも容易くこなせるようになりました~。
2IMG_0177.jpg  2IMG_0179.jpg  2IMG_0182.jpg  2IMG_0183.jpg

nikiが得意としますナイトダイビングにも毎年必ず連れて行きます、何事も経験です、でもnikiは一緒に潜りません、一緒に潜るのは担当インストラクターです
IMG_0129.jpg  DSC00167g_20100327114102.jpg  DSC00168g_20100327114102.jpg
DSC00169g_20100327114102.jpg  DSC00174g_20100327114101.jpg  DSC00176g_20100327114101.jpg

台風接近のために日程を1日繰り上げて那覇に戻りました、お世話になしました、けらま荘、そしてシーカムのスタッフ皆様にご挨拶です。
4IMG_0269.jpg  4MG_0272.jpg  4IMG_0267.jpg

那覇での引退式です。
5IMG_0298.jpg  5IMG_0293.jpg  5IMG_0290.jpg  5IMG_0289.jpg  5IMG_0284.jpg  5IMG_0279.jpg  5MG_0303.jpg  5IMG_0308.jpg

番外編
6IMG_0285.jpg
この夏合宿にOBを体表して来てくれた、緒方と未来です.
結果として台風接近で彼らは渡嘉敷島には渡れませんでしたが、それでも社会人として貴重な夏休みを、この夏合宿に合わせてくれたのは非常に嬉しかったです(他に友達がいなかっただけかもしれませんが・笑)
この2人のかなり見直しました!、口ばっかりで行動が伴わないヤツよりかなりよろしいです。


今回の夏合宿で引退いたしました、13代目はniki個人としましても、非常に思い出深い代なのです.
なぜかと申しますとFINSが、
eternalblue=オカちゃん体制から
eternalblue=niki体制へと移行しました、第一期生なのでした。

思い返すとこの13代目
気負いを入れて挑んだプール講習、マスクの脱着が出来ずに泣き出す娘もいました(きゅうり・笑)
今より、かなりスパルタで厳しかったんじゃないかと思います。
そして大時化だった(苦笑)、二見ヶ浦での海洋講習、浮上してからの波酔いでくるしんでましたね(あゆみ・笑)
講習生の倍以上の先輩たちがバディーを組んで一緒に潜ってくれたり、陸番してくれたりと、バックアップしてくれて本当に恵まれた13代目でした。

一人一人を振り返ると

しんご
1singo.jpg  1singo2.jpg  1singo3.jpg
部長として本当にがんばってくれました、普段は多くを語らない、物静かなのですが、灰汁の強い女性軍を押さえ込み、持ってる統率力を十分に発揮してくれました 。
また、
ダイビングにおきましては耳に爆弾を抱えながらも、1本もリタイアすることなく最後まで潜りました、ダイビングスキルそして、部長としてのスキルも十分に評価できます。
3年間本当にありがとう~!、お疲れ様でした。

ケイタ
1keita3.jpg  1keita2.jpg  1keita.jpg
フィンズきってのイケメン!(笑)、部長のしんごとみんなの間に入り、調整役として、がんばってくれました。
みんなに優しく、いつも笑顔を絶やさないケイタに誰もが癒されたと思います。
またトレーニング部長としても頑張ってくれました、特に今回の夏合宿ではトレーニング部長として私の予想以上の働きでした!、嬉しい誤算でした。
ケイタのおかげで各チームの担当イントラはかなり楽できたと思います。こんな言い方は失礼かもしれませんが、ケイタがこれだけできるとは全く思っていませんでした(ゴメン!)
夏合宿、FINS全体を統率して、意のままに動かした経験は社会人になっても 、きっと役に立つと思います。

マリア
1maria2.jpg  au3_20100327111133.jpg  1maria.jpg
福大以外から初めての副部長という大役に抜擢でした。
FINS入部当初は、何か問題を起こすなら絶対にこいつだと(笑)、9代目部長の佐久間とよく話をしていたのですが、私と佐久間の予想に違わず、色々とやらかしてくれました(爆)、しかしながらマリアはFINSにはなくてはならない存在でもありました。
みんなや、私の前ではいつも笑顔で、元気いっぱいのマリア 、こいつは全く悩みなんてないんじゃないか、何にも考えてないんじゃないかと思えるくらいですが、その分、一人の時は沢山の涙を流したと思います、nikiはちゃんと知っていますよ、マリアは超寂しがり屋さんですね(苦笑)
引退の挨拶で「私にとってFINSは家族です」と言った言葉は、私の胸にドスンと響きました、これにはmasakiも涙が出そうになったと言ってました。
これからも、色々大変でしょうが、「頑張れマリア」、マリアの後ろにはFINSという多くの仲間たちがいつも見守っていてくれますよ。
これからはnikiもマリアの友人の一人に加えてください(ちょっと歳食ってますが・笑)、困ったり、悩んだりしたときは何でも相談してください、そこら辺のおっさんよりも頼りになると思いますよ(笑)

あゆみ
1ayumi3]  1ayumi2.jpg  1ayumi.jpg
Finsの行事以外では余り会うことのないあゆみですが、久しぶりに会ったときは、自分の近況を必ず色々と話してくれます。
nikiさん引っ越ししたのですよ~、
彼氏出来ました~
ダイエットしてるんですよ~、痩せたでしょう~!
彼氏と分かれました~(笑)
等々
そんなあゆみに会うのが何時も、楽しみな私です。
おっとりでおとなしく、どっか抜けていそうな(爆)、あゆみですが、真はしっかりしており、ちゅうか、姉御肌でもあります、一癖も二癖もある13代目Fins女性メンバーでも一目置かれる存在ですよね?、女性メンバーは飲めない人がいいですが、ちょっぴりですが飲めるのも頼もしいです、気が利くのも非常にいいですね。
もう少しで学生生活も終わりですが、就活頑張って、希望する職種に就けることを祈ってます、頑張れ、あ!ゆ!み

セリナ
1serina2.jpg  1serina.jpg  1serina4.jpg  OW講習時には、本当にダイビングは初めて?と、思いたくなるようなスキルだったセリナ、最初からホバリングもばっちり決めて、Finワークもスタイル良くて、お世辞抜きで非常に上手でした。
そして美人なのですが、性格が変わってます(爆)、いや変わっているどころの騒ぎじゃなくて変人?かもしれません
しっかり者タイプのセリナです、でも彼女にすると口やかましいかもしれません(爆)。
引退する夏合宿これなくて残念でした、会いたかったのに~!(笑)


1mai2.jpg  1mai4.jpg  1mai.jpg
1年生の時はFinsがあるなんて知らなかった、勧誘の声さえかからなかった~~~、ずっとダイビングをしたかったんですよ~、と2年生の時に入ってきた舞でした。
舞のアドバイスで、その後の勧誘の仕方を考え直さないといけないねと、みんなで話した次第です。同期より1年遅れての講習でしたが、素直で非常に飲み込みが良いと、担当インストラクターは褒めていました
しかしながら
私が入手した情報によると、夏合宿では「あのハゲに、去年の復讐を絶対するんだ!!!」と(張り切って!)言ってたらしいですが(怒)、参加できなくて残念でした。
そんな意味では参加できなくて良かった?のかもしれませんね、だって返り討ちに合うのは誰が考えても明らかなのですから、Finsのみんなも、舞が返り討ちに合うのを期待していたはずです(笑)
昨年見せてもらった舞のお尻、可愛かったですよ!(爆)、今年もカラシにワサビ、そしてマヨネーズと沢山準備していたのですがね~~~~~(笑)
私に復習しようなんて、無駄な考えはしないようにしましょう~!
就活頑張って!

きゅうり
1kyuuri2.jpg  1kyuuri.jpg  1kyuuri3.jpg
1年生の自己紹介の時に、自分から「きゅうりと呼んでください」と、言ってたのを聞いて、また変なのが入ってきたな~、と、思ったものでした(笑)
ちょっぴり?恐がりで、KYの代表?みたいなところがあるキュウリですが、素直でいつも笑顔を絶やさない、思いやりのあるキュウリがnikiは好きでした。
しかしながら素直すぎるというか、学習能力が無いというか、同じ手に何度も引っかかるのは逝けませんね~!、しかも一度引っかかって10分もしないうちに同じ手に引っかかるのはさらに良くありません、それも毎回毎回(笑)、そんな人余りいないよね???
そして、Fins内に放った、niki手下の忍びの者の情報によると(何の話や?・笑)
『あのハゲ、のぼしちょ~~~!・
とか
『あのハゲ、いつかぶっ殺してやる~~~!・
とか、言ってるらしいですが、
そんなこと言っては駄目です!、もっと謙虚になり、nikiさんから人生の修行をさせてもらっていると思えるようになれば、キュウリはもっと人間的に大きく、成長するはず?です、です、です、です(笑)
でも、何度でも同じ手に引っかかる、素直なキュウリでいつまでも居てくださいませ。

ゆう
1yuu.jpg  1yuu_20100327105442.jpg  1yuu2.jpg
歴代のFinsではもっとも私に近い存在でした、しかしながらそれが彼女にとっては決して良いことばかりでは無かったでしょう。
負担だったり重荷だったり、煩わしかったり、また他のFinsメンバーから、いたらぬ誤解を沢山受けたりもしたと思います。
ん~~~、そう考えると、良くないことの方が多かったかもしれませんね、エタブスタッフから私が注意されたこともしばしばでした。ですが、今振り返ると私は間違ってはいなかったと思います、1年のOW講習の時、ゆうには何か違うものを私は感じ取りました、それが具体的に何かと問われると私にもハッキリと分からないのですが、今までの講習生とは違った何かを・・・・・・。
それは彼女自信が小さいときから水に親しんでいたのと、海が何よりも大好きだったというのもあるのでしょうが、それ以外の何かを私は感じ取りました。
ひょっとしたら「こいつは研けば(鍛えれば)光る素材かもしれないと・・・」
実際に、OW講習が終わってすぐの夏休み、私はゆうをつれておおびき島へと行ってました、初めてのおおびき島、初めてのボートダイビング、初めてのドリフトと初めてづくしでしたが、エントリー時にマスクを吹っ飛ばしたり(笑)と、失敗も多かったですね、3本潜った帰りの船では、疲れ経てて、行き倒れのようにずっと寝ていました(爆)
これが、ゆうとnikiの出会いと始まりでした、その後は、五島列島、屋久島、指宿、そしてダイビングするには国内最高のフィールド、男女群島と沢山の経験させました。
現在ダイブマスター講習中のゆう、PADIインストラクターは掃いて捨てるほど沢山います、ですが、私が自分で言うのも何ですが、nikiが担当するダイブマスター講習、日本でもっとも厳しい、辛い、講習だと思います。
私のDM講習はダイビングのスキルと知識は当然のことながら、全てにおいて、考え方から始まります、スキルに限るならば全ては教えません、10あるなら、3か4くらいまでを教えて後は自分で考えさせるのです。
そしてスキルは教えてもらうものじゃなく、盗み取るものなのです(基本だけは教えます)。これが私のDM講習の基本です、教えてもらうスキルは時間と手間がかかり、なかなか身につきませんが、自分で考え、盗み取ったスキルはすぐに身につきます、後はそれを応用したり、自分流にアレンジすれば良いことなのです。
同じことを何度も失敗すると、めっちゃ私から怒られます!、ゆうも散々泣きましたね、隠れて何度も何度も泣いていたのも知っています、でも私は知ってて知らないふりします。
男でも辛いnikiDM講習、投げ出さず、逃げ出さず、良く辛抱してます
(あんまり褒めるとすぐに頭に乗るのでここら辺でやめておきます)
今は就活頑張ってるみたいですが、何事も1直線に、目標に向かって頑張って

13代目がFinsでのスタートなりました、二見ヶ浦での集合写真にてこのLogの〆としたいと思います、このOW講習時は、時化で透明度も悪かったですね、ですが沢山の先輩たちに見守られ、協力してもらっての海洋講習でした、そんな意味でも非常に恵まれた13代目でした。
PICT0075.jpg  PICT0070.jpg

一人一人の輝いている顔を見てやってください。

あの時、この場所から全てが始まったのです、この3年間ご苦労様でした、そして、沢山の思い出を私にくれてありがとう!
13代目バンザイ




追記
1P5120015.jpg  P6280026.jpg  1P5120005.jpg
上記、一人一人の感想は、那覇での引退式の時に話そうと思って考えていたものでした、実際に、メンバーも「これだけ3年間怒られ続けたのだから、最後に一人ずつ何か一言欲しかったよね~」と、話していたらしいですが、私も一人ずつ話してあげようと考えては居たのですよ(本当よ!)
ですが、引退式が始まり、3年生、最後の挨拶が一人ずつ始まってからは、やっぱり今日話すのはやめようと思ったのでした。
みんなの挨拶を一人ずつ聞いていたのですが、ヤバ過ぎです!(笑)、心にズシンと来るものがあり、平常心を装って居ましたが、柄にもない、、おっさんの心にも、言いようのない、言葉では表現できない、熱いものがこみ上げてきました。
ヤバイ!ヤバイ!ヤバイ!、このままでは間違いなく、涙を流してしまう(泣くんじゃありませんよ!)、と思ったのでした。
この場で涙を流しても、この場の雰囲気もあり、それはそれでいいのでしょうが。何かの時にこいつらは絶対に『nikiさんあの時、確か泣いてましたよね~』と絶対に言うはずです、それこそ、『niki一生の不覚』となるのです(爆)
ま~、そんな訳で言葉ではありませんが、文字として残ったので良しととして、これで勘弁してください。


                 
        

Fins秋合宿inオオビキ島

2009/ 10/ 21
                 
長らくお待たせしましたがやっと私の時間が取れるような気配に?(笑)なってきました~、行事が前後しますが本日より溜まりにたまっているlogを毎日upします。

まずは記憶に新しい先週末に行いましたFins恒例の秋合宿、今年もエタブに2泊のおおびき島でのボートダイビングでした。
まずは金曜日から、メンバーは授業が終わってからエタブに移動してきます、到着は22時頃でしたが丁度nikiのブログでご紹介したアフリカからのお客様がいらしていたときでしたのでチョット驚いていたようでした。
                                             
                     16日、金曜日エタブ泊

17日、私は6時頃起きたのですがその頃降り出した雨が30分もしないうに本降りとなりました、早く止んでくれると良いのにと思っていると、アドバンス取得組の3名が起きてきました、7時から彼らは陸ナビをしてから海へ出発なのです。
7時頃になるとどうやら小雨になり雲も切れて青空が見えてきました。

1DSCN1025.jpg
陸ナビの様子です、水中でやるのと全く同じ事を陸上でしてから海へ行きます。

そして出港地である佐世保へ出発です。
今回の秋合宿は全体を3つに分けました、

アドバンス受講組A班をmasakiインストラクターが担当しアシスタントにはダイブマスター候補生のゆうをインターシップとして付けました。

アドバンス受講B班を、ともみインストラクターが担当し、アシスタントにはふくまつインストラクターがつきました。

そしてただ遊ぶだけのファンダイブ組は私nikiが担当しました(笑)

積み込みと出港です
1IMG_0724.jpg  1DSCN1088.jpg

桟橋でセッティングしてから出港します、おおびき島までは30分ちょっとで到着です。


到着するとエントリーの準備をします、風が少しありましたが波はたいしたことありません、本日1本目のポイントはおおびき島南側『人形岩』です。
1DSCN1093.jpg  1DSCN1094.jpg

1DSCN1096.jpg  1DSCN1098.jpg  1DSCN1097.jpg
エントリーの準備ですがいつも私がもたもたするな!、自分の準備するパターンを決めなさいと口やかましく言うのでかなり早くなりました、私としてはまだまだ不服なのですが(苦笑)、彼らのレベルとしては褒めてあげないといけませんね。
新しくトレーニング部長となったコウヘイ、チアキの指示で手際よくバディー同士で位置に付きます。

そしてエントリーです、この様子は船で参加者をサポートした前部長のシンゴと、前副部長のマリアが撮影してくれました。
2DSCN1100.jpg  2DSCN1101.jpg  P1000500.jpg
    
2DSCN1102.jpg  2P1000502.jpg
エントリー後、ヘッドファーストでスムーズに潜行してます。当然のことですがなかなか優秀です

この日のおおびき島気温22度、水温は24度~25度と水中の方が暖かかったです、また透明度は予想に反して余り良くなくというか悪くて10m程しかありませんでした(最近のオオビキは透明度が良くないのですよ)
3IMG_0748.jpg  3IMG_0749.jpg  3IMG_0750.jpg
3IMG_0756.jpg  3PA170778.jpg  3PA170782.jpg

南側で2ダイブをしてから今度はナビゲーションの講習のために北側に行きました(今回はわずかですが北側の方が透明度は良かったように感じました)
予定通り全3ダイブを終えて帰りました。

エタブに帰ると器材洗いです。
4IMG_0849.jpg


最近私の超お気に入り?のPADIから買った旗です(笑)、来月引っ越ししたらあと二つ買い足そうと思ってます。
4IMG_0853.jpg  4IMG_0851.jpg  4IMG_0852.jpg

器材洗い&log付けが終わると、みんなはすぐ近くの伊万里温泉『白磁の湯』へ潮を落としに行きました、私とmasakiはお留守番です。

夕飯はBBQ
5PA170810.jpg  5PA170809.jpg  5PA170816.jpg
夜遅くまで楽しんでました。

参加者の皆様お疲れ様でした!














                 
        

2009年10月12日 大崎ビーチ AOW講習

2009/ 10/ 13
                 
こんばんは、masakiです。
先日の3連休中の大崎でのアドバンス講習のログです。

この日は、AOW講習生Kさんと一緒にいいお天気に恵まれた大崎ビーチへ、ナビとナチュラリストの講習へ行ってきました
お天気もよく、水中の透明度もとてもスッキリとしてGoodだったのですが、水温が22度と冷たかったです。
このところ、台風が来てからというもの気温も急激に下がって肌寒い日が続いてましたので

さてさて水中の様子です。
コンパスを使った、ナビゲーション中。
2人でコンパスとにらめっこです
U/W Navigation

お次は、ナチュラリスト。いろいろと条件達成のために一生懸命水中の生き物を探されてるKさんでした
U/W Naturalist U/W Naturalist

水中でもいろんなお魚見られました
定番のメバル。カワイイ顔してますよね。
メバルちゃん

それから、ブダイの幼魚。
ブダイyng

それから、今回大崎で初めて見たチョウチョウウオ。
まだ成魚になってないくらい(体長8cmくらい?)でしたが、冬を越せるのでしょうか?心配になってしまいました
やはり温暖化のせいか、かなり南方に生息する魚たちをよく見るようになりました。
チョウチョウウオ チョウチョウウオ

Kさん、講習お疲れ様でした
次回も残りの講習、寒さに負けないよう気合いで頑張って下さい
                 
        

2009年9月27日 大びきファンダイブ

2009/ 10/ 01
                 
masakiです。
先週末に行った佐世保沖 大びきファンダイブのLogです。
この日は、お昼以降の海況がちょっと心配だったのですが、参加の皆様の日頃の行いか途中で風向きが変わったり、雨に会うこともなく、いいコンディションでの大びきファンダイブを楽しんできました。
同週のシルバーウィーク中にOWライセンス取られたばかりのHさんに、今夏OWライセンスを取られたFさん、他、8名で行ってきました。
水中での様子です。このLog用に写真を整理していて気付いたのですが、Fさんてばしっかりカメラ目線でサインまで出されてました

20090927_01.jpg 20090927_03.jpg

この日は、真夏でも背の上に釣り人が毎回いるくらい釣りの人気ポイントみたいなのですが、なぜか1人も釣り人なし。で、エントリーしたらサメに遭遇しました。
ここは、だいたいいつもサメを見かけるポイントなのですが、いつも遠巻きに(遠慮気味に?)こちらの様子を伺うだけで、いつの間にかいなくなってる・・・という遭遇パターンだったのですが・・・。
この日は釣り人もいなくてお腹も空いていたのか、水深15mくらいのところで、私たちの周りを半周して、結構近くまでゆうゆうと寄ってきました。
20090927_02_sizeS_20091001231751.jpg
「ツマジロ:シルバーチップシャーク」だったようですが、体長3m以上あり、ここらの豊富な食料でお腹周りもまるまる太ってました

サメがいなくなったところで、のんびりとドリフトを楽しんでいたら、さっきと同じと思われるサメに再度遭遇。さきほどよりもっと近くまで寄ってきました。
20090927_04.jpg

その後は、サンゴやネンブツダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイやチョウチョウウオを眺めながら、テーブルサンゴの上でのんびりしながら1本目のダイビング終了~
20090927_05.jpg 20090927_06.jpg 20090927_07.jpg

2本目は、フィンがいらないくらい心地よい潮の流れに乗って、じっくり魚たちを観察しながらドリフトできました。
20090927_08.jpg 20090927_09.jpg 20090927_10.jpg
それにしてもOWライセンスとりたてのお2人、しっかり予習&イメトレされていたのか、大変落ち着いてダイビングされており、OW担当した私もビックリなデビューでした
参加の皆様、お疲れ様でした!
                 
        

2009年9月22~23日 大崎ビーチ 体験dive&OW講習

2009/ 10/ 01
                 
こんばんは、masakiです。
Log続々upです
シルバーウィークも講習にはげみました

連休中の22日、23日は体験diveとOW講習で大崎ビーチに行ってきました。
残念ながら22日は海況は良かったもののあいにくの雨天でした
伊万里市内にお住まいのHさんの海洋実習終了後に、女性3名の体験ダイビングでした。
20090922_01.jpg 20090922_02.jpg 20090922_03.jpg
体験の女性3名様も、楽しんだと大満足な感想を頂きました。
20090922_04.jpg 20090922_06.jpg 20090922_05.jpg
20090922_07.jpg 20090922_09.jpg
23日はお天気にも恵まれ、特に魚の数や種類も多かったのですが、中でもコレ。石鯛の幼魚にず~っとくっついて来られてしまいました。カメラを向けるとぶつかる位にちかくにきて、浮上や潜降もずっとはなれず終いには体に触れるくらいの懐に入ってました(写真に写ってるフィンはこの写真を撮ってる私自身のフィンです
20090922_08.jpg 20090922_10.jpg

店に帰ってからHさんとログつけ。無事にOW認定終わりました。
Hさん、11月のハワイでのダイビング、楽しんできて下さいね
                 
        

2009年8月29~30日OW 大崎&下田ビーチ

2009/ 10/ 01
                 
こんばんは、masakiです。

今日は8月末に見えた福岡・北九州の女性3名様のOW講習のLogをupです
同業者3名のうち、同じ会社の2名のお客様が9月のシルバーウィークに沖縄でのダイビングを叶えるために、ちょっとハードなスケジュールでこなして頂きました

金曜日夜にえたぶに到着され、その後学科講習をこなされ、翌朝からは海での講習予定です。
金曜日は学科講習後、一息の休憩、それからセッティングの練習です
それから夜はえたぶ2Fにご宿泊~
ゴージャスな施設はないものの、一応えたぶ店内にも宿泊可能です
よくスタッフやたまにお客さまも宿泊され、「巣」になりつつあるかも、ですが

ただしここ、相当な交通量のある国道のすぐわきなので、日中や深夜、早朝もかなりの車や大型トラックが通りますが、そこはこの3名様、かなりの大物と見ました!
よく泊ってても未だにあまり熟睡できないミネをよそに、朝までぐっすり熟睡された模様で、翌朝もスッキリ爽やかでしたよ。

さてさて、今日は海での講習、朝から気合い十分で頑張ってきました

最初はどうなることかと心配でしたが、しっかり数回でこなされ着々とすすめていきました。水中での様子です!
20090829_01.jpg 20090829_02.jpg 20090829_03.jpg
20090829_04.jpg 20090829_05.jpg 20090829_06.jpg
講習中でも、魚たちを眺め、楽しみながらの講習でした。
20090829_07.jpg 20090829_08.jpg 20090829_09.jpg
20090829_10.jpg 20090829_11.jpg

さて、1日目の海を終えた後は店に帰って器材の手入れ・取扱、ログづけした後に伊万里温泉でゆっくり入浴して夕食をとっていただき、店で学科の続きとエグザム(試験)です
そこでもみなさんパワー発揮(約1名様、「眠眠打破」をコンビニで買って学科が始まる前に飲んでらしたようですが効き目はバッチリでしたね!)で無事に合格
これで、心おきなく明日の海洋に向けてゆっくりご就寝~

日曜日、この日は風向きが悪いうえ、大崎ビーチが時化てしまったので、下田ビーチへ。
セッティングの様子。終わったら、さっそくエントリー
20090830_01.jpg 20090830_02.jpg
20090830_03.jpg 20090830_04.jpg 20090830_05.jpg
20090830_06.jpg 20090830_07.jpg 20090830_08.jpg
20090830_09.jpg

この日の海洋も無事に終え、店でのログ付、それぞれの帰路につかれたのでした。
講習性の皆様、ホントにタイトなスケジュールの中一生懸命こなされていたと思います。
大変お疲れ様でした

後日、沖縄行の2名様は無事にボートダイブデビューを果たされたと聞きました。
これからもダイビングを楽しんで下さいね

学科・海と担当したTomomiインストラクターもぶっ通しで頑張ってました、お疲れです
                 
        

2009年8月23日 大崎ビーチ Finsトレーニングダイブ

2009/ 09/ 30
                 
こんばんは、masakiです。
ずいぶんと遅くなってしまいましたが、8月に大崎ビーチで行った福大FinsのトレーニングダイブのLogをupです

この日は、9月に控えたFinsの最大イベントとも言える、夏合宿に向けてのトレーニングダイブでした
久しぶりにダイビングするメンバーも多くて、最初はちょっと心配でしたがたいした問題もなく、みんなそれぞれにダイビングを楽しめていたと思います

セッティングも無事に終わっていよいよエントリーです。
20090823_09.jpg 20090823_10.jpg

水中の様子
20090823_07.jpg 20090823_08.jpg 20090823_11.jpg

2人1組のバディどうしでのトレーニングを実施しました。
20090823_01.jpg 20090823_02.jpg 20090823_03.jpg
20090823_04.jpg 20090823_05.jpg 20090823_06.jpg
水温も暖かくて2本のダイビング、ゆったり楽しめましたね

この日見られた生き物たち。
ミナミホタテウミヘビ、クサフグ、ミノカサゴ、マダイ、コロダイ(幼魚)、ソラスズメダイ、カサゴ、など。

みんな、夏合宿への気合い十分でした。
発熱で来れなかったマリアも、気合だけは十分だったみたいでした

P.S.
荷物運搬など手伝ってくれたSさん、ご協力ありがとうございました

昨日書き忘れましたが、自分たちで考えてみんなボートエントリーのシミュレーションとして、腰バルブからの練習をしてみたりと、チャレンジ精神旺盛で、感心しました。
これからもその精神を忘れずにね
                 
        

8月22日 大崎ビーチ DM講習&ファンダイブ

2009/ 09/ 16
                 
この日はDM候補生の講習の一環でガイドのトレーニングを兼ねて大崎ビーチでファンダイブしてきました。
ガイドをブリーフィングからシュミレーションしてもらいました
講習生の様子。。。
CIMG1592.jpg CIMG1593.jpg

見られた生き物たち。
カワハギ ウミウシ ミノカサゴ

カニ メバル

ついでにファンダイブして、のんびりと楽しめた講習でした
                 
        

9月12日(土)~13日(日) 男女群島ツアー ログ

2009/ 09/ 14
                 
こんにちは、masakiです。
このところだいぶログをサボッてしまい、順不同ですが、先週末の男女群島ツアーログから、upします
本当にかなりの多忙さで、なかなかログもupできずに申し訳ありませんm(_ _)m
近場、講習、海外のツアーも追ってログupしますので、もうしばらくお待ちください!

土曜日のかなりの早朝に出発し、参加のみなさん大変だったと思いますが、お疲れ様でした!
今回、初参加の方も、男女の海を満喫されたようでよかったです

さてさてツアー初日から。
今回初参加の福岡のCさん。始めは緊張されてたようですが、海の中では絶好調だったようですね
初参加のCさん

この日は男女にしてはちょっと透明度が悪く、25m程度しか見えてませんでしたが、サービス満点のカメにも会えて、ゲストは喜んでいましたカメに感謝
Cさん、写真、撮れてたかなぁ・・・。
サービス満点のカメでした。 カメ
この日のダイビングは3本から4本。
スタートが早かったので、現地でゆっくりできましたよ。

ウメイロモドキの群れ      ウミウサギ             男女定番のハナダイの群れ。
ウメイロモドキ ウミウサギ ハナダイ+ソラスズメ
安全停止中の浅場は、相変わらずのハナダイとソラスズメの大群でした

3本のダイビング終了後も、夕食まで時間があったので、女島防波堤からセルフでのバディでダイビング。私たちスタッフも遊んできました
ツノダシ+チョウチョウウオ クマノミ

ビーチダイビング的なポイントですが、ある程度水深も浅く、ここでもグルクン、サザナミヤッコ、チョウチョウウオ、ソラスズメダイ、オヤビッチャ、クマノミ、その他いろんな魚たちに会えます

2日目は昨日より透明度もあがり、30mオーバーでした
エントリーして、船を見上げたら透明度にヤル気もあがりました~
Clear!!
ミノカサゴの老成魚
ミノカサゴ老成魚

そして、朝から元気な魚たち
グルクン グルクン1 グルクン2

この日は2本のダイビング、ダイナミックな男女の海を楽しんできました
                 
        

8月4日 おおびき島

2009/ 08/ 04
                 
平日でしたがまたまた行ってきましたおおびき島~、今日はちゃんと南側のベストポイントを潜れましたよ、透明度はイマイチ(15mほど)でしたが、魚はどっちゃり!!!、キビナゴの群れにアタックするカンパチ等々見応えのある海でした。

初ボートの方、久々のファンダイブの方、そしてOW限定もしました!、初めてのダイビングの感想は『おもしろかった~』でした(笑)
次回は8月11日ですね、また楽しみましょう~~~。


本日は佐世保鹿子前のマリーナからの出港です、枕島を横に見ながら一路おおびき島を目指します。
o1.jpg  o2.jpg  o3.jpg

今は私の右腕となって雑用など全て引き受けてくれているダイブマスター候補生のユウ、そして久しぶりのボートダイビングだと言っていたアキミホ、OW講習終了後初ボート初ファンダイブのケンスケ
、みんな試験も終わってるので気合い十分で行ったおおびきでした
o4.jpg  o5.jpg  o6.jpg  
目指すは南側の一番大きな離れ瀬です。


この日はOW初日、Kさん(佐世保)凄く上手でした~!、次回も頑張ってください。でもOWの講習を全ておおびきでするなんてメッチャ贅沢?ですよね(笑)
o7.jpg


それでは水中の様子です。
o11.jpg  o10.jpg  o9.jpg

o8.jpg  o12.jpg  o13.jpg
o15.jpg  o14.jpg

やっぱりおおびきは南側が最高っす






                 
        

7月25日 おおびき島

2009/ 07/ 27
                 
お天気良くありませんでしたがおおびき島に10名で行ってきました~~~
エターナルブルーではおおびき島南側(防波堤が無い方)しか潜りませんが、この日は南西の風が強く南側は大時化状態、風と波を避けて北側でのダイビングでした。

参加した皆様お疲れ様でした~。

そうそう水深30m程の所にぶりの大群(3000匹ほど)が居ますよ、取り囲まれ触れそうなところまでよってきます。

d2_20090727111811.jpg  d1_20090727111809.jpg

左は店長sakuma、シケを心配して立ったままで前を見ています。
右はezakiさまご夫妻、先週はサイパンを楽しまれたようでして?よかったです(笑)
次回は是非男女群島を体験してくださいませ。


d4_20090727111812.jpg  d3_20090727111811.jpg

エターナルブルーのダイビングではドリフトは常識当たり前です、どこか見たいに島まで船で連れてきて防波堤に接岸し船は動かさずにその場からダイビングって事は絶対にありません(笑)、それってボートダイビングじゃなくて瀬渡し(島渡し)ダイビング、ビーチダイブとと同じですよね?(爆)
浮上して船が迎えに来るのを待ってます。


d7_20090727111822.jpg  d5_20090727111812.jpg  d6_20090727111812.jpg

北側流れもないのでハッキリ言って全然面白く無いのですよ~、それでもみなさん色々なことして遊んでました。
今回は夜にビアパーティーを予定してましたので2ダイブしかしませんでしたが、次回8月4日は3ダイブしましょうね。




                 
        

2009年7月18日(土)~19日(日)男女群島 

2009/ 07/ 21
                 
始まりました、エターナルブルーが誇る夏の男女群島ダイビングツアー、毎年毎年独占状態の男女群島、此処をご案内できるのは私nikiだけです。
今回も関東関西方面、広島等から15名のゲストにおいで頂きました、スタッフ一同感謝いたします。
15名を2隻に分けて出港しました。
(男女群島に行ける近海許可船の定員は旅客定員12名+乗組員3名、最大で15名です)

これから参加を予定されている方、参加を検討されている方のために週末を例に取り時間を追ってツアーのlogを進めていきます。

それでは始まり始まり~~~~、パチパチパチ(拍手です・笑)

このツアーは1泊2日となっておりますが実質は2泊3日です、金曜日のゲストのお迎えから始まります。
今回は東京からいらっしゃるゲストのお迎えに長崎空港へ夕方車で行きました、これがショップ様等の団体様ならば海上空港である長崎空港の特長を生かし空港の桟橋まで船でお迎えに上がります、これだと渋滞も待ち時間も一切無しです

これが長崎空港の桟橋です、こんな風に直接横付けしてお迎えに上がります。ちなみにハウステンボスや長崎市内方面にも定期船が出ており船で行けます、そうなると渋滞は関係ありません。
DSC01808.jpg  DSC01810.jpg
空港送迎ですが以前までは長崎空港オンリーでお願いしていたのですが最近はスタッフも増えましたので福岡空港送迎にも対応しております。

22時過ぎ、今度は広島から新幹線→JRと乗り継がれて来られたゲストを「早岐駅」までお迎えに行きます。
この時点で出港地であります佐世保の待合所にゲストは全員集合です、皆様各自ご挨拶などすまされまして大広間(75畳)に軽くビールなどを楽しんだ後に寝袋にて(レンタルあり)雑魚寝です。
その頃大量の食料を買い出ししてきたエタブスタッフmasakiとダイブマスター候補生のsakuma、ゆう達も到着です。お風呂などに入って(完備してます!、一度に4名まで入浴できます)やっと一息です、時間的には23時前後ですか・・・・・・。

翌朝(土曜日)
男女群島ツアーの朝は早いです、6時少し前、爆睡中の皆さんを私が優し~く?たたき起こします(笑)、客だから大事にされるなどと勘違いしたら大間違いなのがこのツアーです(笑)、普通ダイブショップ側はゲストを選べませんが私はゲストを選びます、全てに私の指示には従っていただきます!
私の指示に従っていただくことが安全で楽しい男女群島ツアーを楽しむ最大で唯一の方法なのです。
それではこんなに早く起きて何をするかと言いますと、たいしたことではありません機材の船への積み込みです。タンク15名×5本=75本+予備タンク7本、合計82本のタンク。
船のスタッフまで入れると23名分の生鮮食料、飲料水、ジュースやお茶、保存食料、レトルト食品、氷(1トン)、コンロなどの備品関係、テント(二張り)、キャンプ用の椅子、ダイビング機材、ウエイト等です。
これをエタブスタッフ、ゲスト、船の乗組員全員で手分けして積み込みまします。

積み込みが終わるのが大体6:30分頃、この時間になると丁度朝食もできております、朝食は毎回同じ物で、ご飯、味噌汁、のり、佃煮、焼き魚、卵、漬け物等です。
ご飯を頂き7:00頃に男女群島に向けて出港します。

7:00頃出港すると男女群島到着は大体10:00~11:00の間です、お天気(波高)で若干替わってきます。
こんな風に男女群島が見えてきます。
P7300161.jpg  PA140012.jpg
男女群島までの航海では途中かなりの確率でイルカの群れや鯨に遭遇することができますよ、これも楽しみの一つです。

今回は南からのうねりが大きかったですが10:30分頃には男女群島に到着しました。早速準備そして1本目
1本目終了後に昼食(お弁当)、その後3本目(オプション)を潜りました。
海中ですが透明度40m、水温28度(場所によっては29度ありました)、魚はドッチャリいました(笑)
s16.jpg  s15.jpg  s14.jpg

s13.jpg  s12.jpg  s11_20090721190156.jpg

s10_20090721190156.jpg  s9_20090721190156.jpg  s8_20090721190156.jpg  

s7_20090721190129.jpg  s3_20090721190128.jpg  s6_20090721190128.jpg

s5_20090721190128.jpg  s4_20090721190128.jpg  s2_20090721190127.jpg

s1_20090721190100.jpg  rr2.jpg

今回の男女群島ツアーは水中でのメイン写真があります、それはなんとカジキマグロが出たのでした~体長は5mほど私以外の全員が15mほどの距離で見ているのでした・・・・(泣)

sk1.jpg  sk2.jpg


男女群島の磯ではジャンプするのを何度も見ているのですが水中では一度も見たことがない私でしたので非常に残念でした。
この時期カジキを狙った漁師の突きん棒船は何隻も男女群島に来ていますからね、居るのは当然と言えば当然です。


m1_20090721185946.jpg
ダイブマスター修行中の店長sakuma
学生時代から私と付き合いがあります、ダイビングはかなりこなしますがボートを得意とするエタブでは船に弱いのは弱点ですね(笑)、でも成れればどうにかなるでしょう、だって昔はこの私でさえ船酔いしていたのですからね(笑)。
ダイブマスターとしてはダイビング以外のツアーコントロール面をもう少し厳しく鍛えてやろうと思っております、それも店長としての勤めでもあります。

m2_20090721185947.jpgm6_20090721190022.jpg
後にも先にも最初で最後であろうFins現役で初めてダイブマスターにチャレンジしているゆう。
このDMトレーニングは彼女が社会人となって仕事を始めてもきっと役に立つはずです、トレーニングに入る前に私と交わした約束は絶対にダイビングを仕事としない、就活してちゃんとした仕事に就くことでした。
ハッキリ言いますが機材を定価で売る、お客様からツアーや講習でボッタクル、スタッフを使い捨てにして労災保険や雇用保険もかけない、これらをしないと宝くじにでも当たらない限りダイビングではご飯は食べられません(笑)
ちなみにエターナルブルーでは(宣伝です・笑)
機材は絶対に定価で売りません
ツアーでは利益と経費の2重取りはしませんし、引率の経費はツアーに上乗せしません。
講習は少人数の制です。
労災保険、雇用保険どちらもバッチリかけています特に労災保険はバイトがタンク運びや転んで怪我してでも全てカバーしております。
スミマセン話がそれました

ゆう、褒めるとすぐに頭に乗るのであまり褒めたくは無いのですが(笑)、学生レベルじゃなく一般と比べてもダイビングはかなりこなします、私が1年生の時から鍛えたのですから当然と言えば当然なのですがそれなりの素質もあったのでしょう。
今回も黙ってみていたのですが男女群島の揺れる船上でもmasakiと変わらない早さでエントリーの準備していました。

m4_20090721185947.jpg  m5_20090721190021.jpg  m7_20090721190022.jpg
左からゲストの瑞穂さん(唐津)、湧本さん(広島)、武下さん(広島)
湧本さんは今回エターナルブルーのツアーは初めて参加です。
瑞穂さんは3月にパラオにも行きましたし自宅とエタブが近いのでちょくちょく遊びにも来ます。
武下さんは海外ツアーにもしょっちゅう参加していただいております。
船を2隻出しましたので水中写真はniki班のだけしか手元にありませんでした。

一日が終わると女島の防波堤に上陸してキャンプの準備です、みんなで手分けして備品の陸揚げ、食事の準備などをします。
この日の夕食のメニュー、メインは「もつ鍋」でした、BBQなどをしたりもします。
それと休憩中に船のスタッフがジギングで釣ってくれたカンパチとアカハタのお刺身煮付け等です。
r8_20090721190059.jpg  r7_20090721190059.jpg  r6_20090721190059.jpg
masaki、もつ鍋用に大量のニラを切っていますね。
スーパー2件分のニラを買い占めたと言ってました(笑)
r5_20090721190059.jpg  r3_20090721190022.jpg  r4_20090721190022.jpg

r1_20090721190022.jpg  h2_20090721185946.jpg  h1_20090721185946.jpg

楽しい楽しい男女群島ツアーでした~~~

スタッフmasakiより、補足です。
今回見られたお魚たち
男女群島定番のキンギョハナダイにグルクン、それからサザナミヤッコ、タテジマキンチャクダイ、黄色のカエルアンコウ、ハタタテハゼ、クエ、エイ、ウメイロモドキ、カンパチ、ハナミノカサゴ、ユカタハタ、ウミウサギガイ、ツバメウオ、それからカジキマグロは帰ってからネットで調べたところ、「シロカジキ」に一番近かったような・・・。
今回私も初めて水中で遭遇して、違っていたらごめんなさい
最初見つけた時は、一瞬イルカか何かと見間違えたかと思いましたが、ダイビング中には滅多にお目にかかれない大物の出現に、私もゲストの方々も大コーフンでした

次回もお魚見つけ、張り切ります
                 
        

高麗曽根?、五島列島

2009/ 06/ 07
                 
6月6日(土曜日)朝から北東の風がふり荒れる中(泣)、行ってきました五島列島ツアー~、本当は高麗曽根の予定だったのですけどとてもじゃないですがこの天気では無理です。
従いましてとりあえず出港してから波をみてから行き先を決めることにしました。

本日のゲストは6名です、本当は8名の予定でしたが2名様がドタキャンと成りました。ちなみにこの2名のドタキャンですがエターナルブルーではドタキャンは理由をお伺いします、そして私がなるほどそんな訳ならばキャンセルも仕方がないと判断したときはたとえそれが当日の朝でもキャンセル料は1円も頂きません、理由を仰らなかったり、私が納得できない理由の場合はきちんとキャンセル料を頂きます!、今回のお二人は私が納得できる理由でしたのでキャンセル料は頂きませんでした。
キャンセル料を支払いたくないときは私に嘘をつくことです(笑)、最も簡単なのは急に発熱したとか?仮病を使うことです、それか親戚を殺す?ことですね(爆)
今回のキャンセルお二人の理由はどちらも急なお仕事でした、普通お仕事でのキャンセルはきっちりキャンセル料を頂くのですがこのお二人は人命に関わるお仕事をされているのでお仕事でのキャンセルをOKした次第です。

全員で朝食を済ませてから出港しましたが。やっぱり北東の風がかなり吹いてます、そこで風を避けて五島列島の西側に出ることにしました、津和崎と野崎島の間を抜けて南下し1本目のポイントを『壺が瀬灯台』としました。此処まで佐世保からこの時化の海でも1時間ほどで来ています。

1本目 壺が瀬灯台
エントリーすると透明度が悪いです、ん~~~、10mも見えないでしょう。水温は19度、ドライスーツの私は何ともないですが他の皆さんは全員ウエットです、寒くないか心配です。
エントリーすると女性1名が船酔い波酔いのためにリタイア(残念)、ずっと進み壺が瀬名物?のトンネルなどをくぐります、透明度は悪いですが魚は多いですね、おびただしいイサキの群れ此処のイサキは型も良いです、釣り人は喜ぶでしょう。浅場には8k程のヒラメなど居ます、ゲストに触れさせようとしましたがもう少しと言うところで逃げてしまいました(笑)、ダイブタイム54分。

2本目は風が収まって?来たみたいなので沖へ出てみることにしました。しかしながら此処のポイントはご紹介できません、秘密のポイントと申しておきましょう~!、ヒントは此処にダイビングできるのは数あるダイビングショップ、何万人を居るイントラですが絶対に私だけです。

2本目 マル秘ポイント
少し凪いだといってもそれでもかなり時化ています、南北120kもある五島列島ですがこのシケに沖の沈み瀬でダイビングしている物好きは我々だけだろうとそんな話をしながらエントリー~!
エントリーするとやっぱり透明度は良くないです、壺が瀬はよりましですがそれでも15mほど、今の上五島周辺はどこもこれくらいの透明度しかありません、水温は同じく19度。
5m、10mと潜行すると目の前に黒い影が、イサキの群れです、壺が瀬のイサキも凄かったですがその比ではありません、おびただしい数のイサキ、今の時期此処のメインは乗っ込み石鯛ですが、4k以上はあるまるまると太った乗っ込み石鯛がキンギョハナダのように10mから15m付近の浅場を多数乱舞しています。ソフトコーラルも綺麗です。
と此処のご紹介はこれまで、もっと知りたい人はツアーに参加してください(笑)

2本目エグジット、船に上がると普段酒には酔っても船酔いなど絶対にしない(笑)、ともみちゃんが船酔いのために死ぬほど吐いています(爆)、そしてそのままダウン。
これは大変と波のない所に移動することにしました、船は五島列島の西側をずっと南下して福江島は大瀬崎灯台へ。
此処まで来ればべた凪です、アンカーを入れてから昼食としました。
冷えた体を暖かい味噌汁や、ワンタンスープ、カップ麺やカレーライスなどで暖め腹ごしらえします。飛上五島からここ下五島の最南端大瀬崎までの移動に1時間チョットかかりました、こんなダイビングさせるのもエターナルブルーだけでしょう~、巡航速度が40ノット出る船足の早い船と、南北120kmある五島列島、そこに無数にあるダイビングポイント、潮流、地形全てを把握しているnikiとの複合でなせる技です。
そういえば先週でしたか五島列島は福江島にある某ダイビングショップが何とエタブにダイビングに来ませんか?と資料を送りつけてきました、何でも知らないとは恐ろしいことですが福江島、地元の漁師さんよりもダイビングポイントならば私の方が知ってますよ。
その資料がそのままゴミ箱に消えたのは言うまでもありません(笑)

3本目  モルビユ(大瀬崎)
このポイントは大きく張り出した帽子のつばの様な割れが14m付近にあるのが特徴でしてそれを過ぎると大きく落ち込んだウオールになってます、ちなみにウオールの最低部まで64mあります、何でそれを知っているかは申し上げられません(笑)
棚の上で岩につかまっていると10kクラスのカンパチの群れと遭遇しました、良く見るとその中に遙かにでかい30kはありそうなのが何匹か混ざってます。
潮止まりでエントリしたのですが上げ潮が走り出したのでそのまま潮に乗り灯台下方向にドリフトしてエグジットしました。
やっぱりここは素晴らしいです!


                 
        

5月5日バリ島最終日≪ラフティング班&タナロット観光班≫

2009/ 05/ 17
                 
バリ島ツアー最終日、この日は夕方までフリーです。
ラフティング班とタナロット観光班に分かれての行動でした。
ラフティング班は、朝ホテルにお迎えが来てピックアップ。
そこからラフティングの会社に寄って支払いを済ませ、ウブド方面へ車で2時間弱ほど移動します。
ラフティングの場所につくと、グループごとにガイドさんがついてくれて、ヘルメット・ライフジャケット・オールなどを準備してくれます。
キマッてますね~、ライフセーバーみたい。
P50279.jpg IMG_0596.jpg

準備ができたところで、崖沿いに延々と続く階段を下ります。
P50286.jpg P50290.jpg P50293.jpg

やっとこさ川沿いまでたどり着いたところで、英語班と日本語班(半分くらいが日本人でした)に分かれて、ラフティングのブリーフィングが始まります。
ブリーフィングを終えて、いよいよボートに乗り込みます。
IMG_0604.jpg

さていよいよ出発です。
途中、こんな橋が何箇所かあり、あおむけになってやり過ごします。(でも結構ギリギリです
IMG_0609.jpg IMG_0607.jpg IMG_0622.jpg
私たちのグループのガイドさん。
IMG_0610.jpg IMG_0648.jpg IMG_0647.jpg
途中、こんなのんびりした風景も楽しめます。地元の人の沐浴風景まで
カメラを向けると、陽気にゲラゲラ笑ってました
IMG_0615.jpg

この滝の下も通りました。滝に打たれたのは初めてでしたが、結構な衝撃が
IMG_0639.jpg


全行程2時間ですが、途中こんなキレイな滝のある場所で休憩もあります。
IMG_0638.jpg P50317.jpg P50318.jpg

休憩後、再出発します。
終盤に差し掛かると、メインイベント、4mの滝くだりが
滝に着く前に↓みたいに、足をボートに乗せるよう指示があります。
一番左の写真に写っている滝を下ります。
IMG_0654.jpg P50349.jpg P50352.jpg

IMG_0660.jpg

ラフティングが終わると、また延々と階段を上ります
IMG_0659.jpg IMG_0661.jpg
お疲れ様でした!
ここでランチを取って帰ります。

さて、別班のタナロット観光班。
文面は後で書き足しますが、まずは写真だけupしておきます。
P5050177.jpg P5050178.jpg P5050180.jpg
P5050181.jpg P5050182.jpg

観光班は、クタに戻った後、ショッピングへ。
ezaki夫妻は、相当歩き回ってトランクまるまる1個分のお土産やらをお買いものされたそうで
ラフティング班もクタに戻って出かけていましたが、えっちゃんはニセtattoを入れに行ってました!
P50357.jpg P50356.jpg IMG_0663.jpg

夕方、サービスが洗ってある程度乾かしてくれた器材をホテルへ届けてくれます。
器材を受け取って、荷物をパッキング。
一息ついたら、最終日のDinnerへ。この日は、泊っていたオアシスホテルのすぐ隣のレストランへ。
ここは何でもおいしかったのですが、カレーと、フレンチオニオンスープは大当たりでした。
P50358.jpg P50361.jpg P50359.jpg
P50365.jpg

食事も終えて、ホテルでシャワーを浴びたり身支度。
ホテルをチェックアウトして、いよいよバリ島を後にします。
空港でチェックインなどを済ませ、それぞれラウンジでくつろいだり、ショッピングをしたり。
P50366.jpg P50368.jpg

飛行機に乗り込むとすでに深夜。
もらったアメニティのアイマスクをしてお休みなさい!
参加のみなさんも、お疲れさまでした
                 
        

5月4日≪ダイビング最終日≫

2009/ 05/ 16
                 
さてさて、先発隊からは5日目を迎えたダイビングも、今日が最終日です。
朝食を終えてサヌールのビーチに着くと・・・
P50202.jpg

早朝のスコールの後に風が吹き出したらしいのですが、40回以上もバリに通っているnikiも、ここでこんな時化は初めてだと言ってましたが、この時化だとヌサ・ペニダに行く途中の海峡は大荒れのはずです。
何組かこの時化で帰るリタイア組を尻目に、1時間くらい風がおさまるの待つことに。
みんなで雑談や、冗談を言い合ったりしているうちに、やっぱり日頃の行いが良かったのか(?)、次第に風もおさまり、ぶ厚かった雲も開けてきました。

いつもより遅れましたが、やっとこさ出航です

出航後、ボートの中で格闘している人が・・・。
フードベストを着るのに、3人がかり。おもしろかったので、ついついパチリ。
「う・産まれた~」って感じ?
後ろでフミッキーが、相当ウケてました
P50203.jpg P50204.jpg IMG_0434.jpg

そんなこんなで・・・ヌサ・ペニダへ無事到着です。

1本目 ヌサ・ペニダ Ped
ENT 10:59 ~ EXT 11:43 DiveTime 0:44 深度 Max 28.9 Ave 14.6 水温 27℃
見られた生き物 タコ、モンハナシャコ、パープルビューティ
IMG_0447.jpg IMG_0453.jpg IMG_0454.jpg
P5040137.jpg

2本目 ヌサ・ペニダ SD
ENT 12:45 ~ EXT 13:33 DiveTime 0:48 深度 Max 23.1 Ave 11.8 水温 30℃
見られた生き物 ソラスズメダイ、サザナミヤッコ、モヨウフグ、パープルビューティ
いつ行っても、ヌサ・ペニダのサンゴ達はすばらしいですね。一面枝サンゴで、まるで茶畑みたいです。
そのサンゴに、パープル・ビューティーやハナダイが群れていました。
IMG_0479.jpg IMG_0488.jpg IMG_0487.jpg
IMG_0472.jpg


3本目 ヌサ・ペニダ トヨパカ
ENT 14:50 ~ EXT 15:38 DiveTime 0:48 深度 Max 22.5 Ave 11.5 水温 27℃
見られた生き物 アカホシカニダマシ、カクレクマノミ、ハタタテハゼ(ペア)、コショウダイ(インドネシア固有種)
IMG_0519.jpg IMG_0515.jpg IMG_0497.jpg
IMG_0507.jpg IMG_0505.jpg IMG_0504.jpg
IMG_0511.jpg IMG_0529.jpg
そしておまけのウド鈴木。
IMG_0500.jpg

3~5日間にわたったダイビングも終了です。
ホテルに戻って、プールで潮抜き中、なぜか熟女3人でシンクロが始まってしまい
IMG_0540.jpg P50227.jpg P50228.jpg
熟女なのに、こんなバカやってていいんでしょうかね~

そしてこの日のDinnerは、ジンバラン・ビーチ沿いのシーフード・レストランへ行ってきました。
ここは、バリのダンスなどを食事中に見ることができます。
レストランについて、生簀から食材を選んでいると、今夜のショーに出るお姉さん方が。
華やかですね~。
P5040164.jpg

IMG_0548.jpg IMG_0549.jpg IMG_0556.jpg
                                       すごい量の食事です
IMG_0545.jpg P50232.jpg IMG_0567.jpg
IMG_0581.jpg IMG_0554.jpg

ダンスショーもここでの楽しみの1つです。
IMG_0574.jpg IMG_0557.jpg

ショーが終わると、ステージ上で記念写真を撮ることもできます。
P50259.jpg

って、私たちのグループで撮影していると、なぜかインド人風のおじさんが真中に。。。
P50260.jpg

撮影も終わって、まったり食事を楽しんでいるところに、バンドが。
ノリノリ♪になったえっちゃんが便乗で「いとしのエリー」を熱唱してました
P50263.jpg P50266.jpg P50267.jpg

食事に音楽に、満足頂けたところでホテルへ。明日は夕方までフリーです。
P50269.jpg
                 
        

5月3日≪ダイビング4日目+ウブド観光≫

2009/ 05/ 14
                 
この日のトランベンは朝から暑かったです
お天気もサイコ~
朝食も、紫外線をバリバリ浴びながら、汗かきながらでした。

朝食を終えて、早速元気に行ってきました!

1本目 トランベン 沈船
ENT 8:33 ~ EXT 9:27 DiveTime 0:54
深度 Max 27.7 Ave 13.7 水温 29℃
見られた生き物 ギンガメアジ、クマノミ、エイ、ヤマブキハゼ、バッファロー・フィッシュ、ヒョウモンウミウシ、ゴマモンガラ、ニチリンダテハゼ、ピグミーシーホース、ヒレナガネジリンボウ、ユカタハタ、ナンヨウツバメウオ、ガーデンイール、シマハタタテダイ
IMG_0331.jpg IMG_0328.jpg IMG_0333.jpg
IMG_0309.jpg IMG_0315.jpg IMG_0324.jpg IMG_0299.jpg P5030080.jpg P5030094.jpg P5030078.jpg P50117.jpg
さてさて、Exitの際BBSでもチラっと話が出てましたが、えたぶのスタッフは、お客さんが油断をするとすぐにいたずらをしてしまいます。も~これは条件反射ですね
ウツボを覗いてるお客さんのタンクをこっそり後ろから前に押したり

この時はえっちゃんがやられてました。
えっちゃんの後ろに連なる・連なる
長い付き合いのお客さんは察知が早いので、を構えた段階でバレてしまいました
IMG_0336.jpg IMG_0337.jpg

2本目 トランベン ミンピポイント付近
休憩後、日陰でセッティング中。
IMG_0341.jpg IMG_0342.jpg

さぁエントリーですエントリー前のみなさん。
IMG_0343.jpg IMG_0345.jpg IMG_0347.jpg
IMG_0344.jpg IMG_0348.jpg
さて、エントリーしてミンピポイントへ。
IMG_0350.jpg

がしかし、異常にコーフンしたキヘリモンガラ、ゴマモンガラの攻撃にあい、ドロップオ方面へポイント変更。
が、ここでは水中でカールおじさんとカールおばさんに遭遇できましたよ
IMG_0352.jpg P5030098.jpg
それはおいといて、ログです。
ENT 10:20 ~ EXT 11:02 DiveTime 0:42 深度 Max 23.1 Ave 12.8 水温 30℃
見られた生き物 サラサエビ、アカホシカクレエビ、メアジの群れ、サキシマミノウミウシ、アカシマシラヒゲエビ
P5030102.jpg IMG_0363.jpg

さて、この日のダイビングはこの2本でシャワーを浴びたらチェックアウトして、mimpi近くのレストランでランチです。
IMG_0369.jpg IMG_0368.jpg
ここでみんなで昼間っから乾杯
デジカメの写真を見合わせながらランチ。その後ウブドへ向かいます。

ウブドへつくと、まずはモンキーフォレストを観光。神聖な水の寺院といわれています。
たくさんのサル達がいて、大木もたくさん。マイナスイオンたっぷり、といった感じでした。
IMG_0377.jpg IMG_0375.jpg IMG_0389.jpg
P5030113.jpg IMG_0373.jpg P5030124.jpg
IMG_0394.jpg IMG_0404.jpg

そして、この敷地内のお寺の壁彫りの作業をしている方々が。すごかったのが、全て人による手彫り作業でした。
P50170.jpg IMG_0385.jpg
IMG_0383.jpg IMG_0384.jpg

モンキーフォレストを後にし、マーケットへ。

入口はこんな感じです。Tシャツ、バリ風の雑貨やら子供むけのおもちゃ、置物やら食器、バティック、籠バッグ、楽器などところ狭しと並んでいます。
IMG_0409.jpg IMG_0410.jpg P50192.jpg
中に入ると、ちょっと広い場所もあります。
IMG_0411.jpg IMG_0412.jpg

が、この奥は小さな店がひしめき合ってて、写真を撮るにも通りは狭いし人は多いし、で断念しました。ezaki夫妻はここで早速お買いもの。
えっちゃんもバティックの値段交渉中。
IMG_0417.jpg IMG_0418.jpg

しばらくここでフリータイム。年寄り組は、近くの喫茶店で冷たい飲み物とスイーツでひとやすみ。
IMG_0413.jpg P50190.jpg
さて、ウブドを後にして今日のクタのホテルへ出発です。
IMG_0416.jpg

クタに着いて、ホテルにチェックイン。
IMG_0419.jpg

今日クタの街中へ出かけて、マタハリデパート隣のレストランでの夕食です。
IMG_0425.jpg IMG_0424.jpg
ここでマーメイドが、「ココナッツ・クーラー」なるものをオーダーしたところこんなものが。
味はびみょ~だったみたいです
P50199.jpg

ミクロネシアあたりのココナッツはもう少し小さくておいしいらしいですが、バリ島のココナッツはイケてないみたいでした。

さぁ、明日はダイビング最終日ヌサ・ペニダでのボートダイブですよ
                 
        

5月2日《ダイビング3日目》

2009/ 05/ 13
                 
5/14 昨日までupしたものの1本目と2本目のログに、写真と見られた生き物を追加しました。休憩中のも追加。

遅れましたが、5月2日アドバンス講習 ナイト組のログ(すみません、写真ないです)と、見られた生き物も、最後に追加してます!


参加メンバー:えっちゃん、マーメイド、角さん、フミッキー&さやかさん夫妻、niki、masaki

起床後、ホテルで朝食とってトランベンへ移動します。
街中をしばらく走ると、だんだんとバリ島の田舎の風景が。
途中の棚田(ライス・テラスと呼ばれています)を通る車中から写真なんか撮ってると、横から角さんが、「たんぼはどこで見てもたんぼだ」と(笑)。
そっか~、角さんちの周りはたんぼだらけですもんね
IMG_0204.jpg


またまたしばらく走ると、アグン山(神の山と呼ばれていて、富士山より少し低いのですが、すごく大きな山)の雄々しい姿が。ここまで来ると、トランベンはすぐです。
P50136.jpg

トランベンに到着し、ホテルにチェックインします。
今回利用したホテルはmimpiです。
IMG_0206.jpg IMG_0207.jpg P50137.jpg


チェックイン後、さっそく今日の1本目、沈船ポイントへ車で移動します。
私もバリは2年前に行ったきりでしたが、以前と違い駐車場もキレイになっていて、駐車場の近くにトイレやシャワーも新しく作っている最中でした。

1本目 トランベン 沈船
ENT 11:34 ~ EXT 12:13 DiveTime 0:39
深度 Max 28.0 Ave 14.3 水温 30℃(やっぱりトランベン、水中あったかい!)
見られた生き物 ギンガメアジ、ゴマモンガラ、バラクーダ、ピグミーシーホース、アカフチリュウグウウミウシ、ロクセンヤッコ、ナンヨウツバメウオ
IMG_0210.jpg IMG_0214.jpg IMG_0223.jpg
IMG_0258.jpg P50090.jpg P50070.jpg




一生懸命ピグミーシーホースの写真撮影。。。
IMG_0221.jpg IMG_0222.jpg
それから、このポイントの定番、ギンガメアジ。
IMG_0261.jpg IMG_0229.jpg IMG_0233.jpg
IMG_0230.jpg

2本目 トランベン 沈船
ENT 13:31 ~ EXT 14:17 DiveTime 0:46 深度 Max 23.1 Ave 14.0 水温 31℃
見られた生き物 ガーデンイール、ギンガメアジ、ハダカハオコゼ、バラクーダ、アデヤッコ、スパインチークアネモネフィッシュ、ピンクスクワットロブスター、スジアラ、ハナビラクマノミ、ピグミーシーホース、ハタタテダイ、カスミアジ、
IMG_0256.jpg IMG_0262.jpg IMG_0251.jpg
歌舞伎役者?
P5020001.jpg P5020019.jpg P5020029.jpg

3本目 トランベン ドロップオフ
ENT 15:38 ~ EXT 16:27 DiveTime 0:49 深度 Max 24.0 Ave 11.5 水温 30℃
見られた生き物 メアジの群れ、ミノカサゴ、ウツボ&オトヒメエビの共生、スミレナガハナダイ、モンガラカワハギ、コクテンフグ
IMG_0277.jpg IMG_0280.jpg IMG_0281.jpg
IMG_0272.jpg

ここで、アドバンス受講中の夫妻以外の皆さんはダイビング終了。
えっちゃん、マーメイド、角さんはプールサイドでマッサージ。アドバンス組はあともう1本講習のナイトダイブのため、プールサイドで休憩し、コウモリがプールの水を飲みに来るころにナイトダイブに出かけて行きました。
P50094.jpg P50099.jpg IMG_0273.jpg IMG_0288.jpg IMG_0285.jpg IMG_0286.jpg

ナイト組が帰るのを待って、待ち組はホテルのプールサイドで、おつまみなどをつまみながら待ってました。ここのフィッシュ&チップス美味かったです

4本目 トランベン 沈船
ENT 18:44 ~ EXT 19:20 DiveTime 0:36 深度 Max 17.7 Ave 7.8 水温 28.8℃
見られた生き物 バッファロー・フィッシュ、オトヒメエビ、カスリハタ、カスミアジ

ナイト組が帰ってきてからディナーです。
さすがに、アドバンス講習組は4本目とあってちょっとお疲れの模様でしたが、若さで乗り切ってましたね!
それから、実はこの日、角さんの100本記念ダイブの日でした。
えたぶで準備した記念品をお渡しして、記念撮影。
この記念品ですが、角さんがえたぶで参加された、あちこちのツアーの写真を集めたものをフォトフレームに入れてお渡ししました。
IMG_0293.jpg IMG_0296.jpg IMG_0297.jpg

角さん、おめでとうございます
それから、この日まるで合宿のように4本ダイブのお2人、お疲れ様でした。
そしてまた、毎晩のように飲んだくれて夜は更けてゆくのでした。






                 
        

5月1日《ダイビング2日目》

2009/ 05/ 12
                 
参加メンバー:えっちゃん、マーメイド、角さん、masaki
昨日と同じ行程でヌサ・ペニダへ。

1本目 ヌサペニダ クリスタル・ベイ
ENT 9:29 ~ EXT 10:19 DiveTime 0:50
深度 Max 28.0 Ave 14.6 水温 26℃
見られた生き物 ムレハタタテダイ、ハナビラクマノミ、ロウニンアジ、タテジマキンチャクダイ、サザナミヤッコ、ゴシキエビ、カクレクマノミ、アンナウミウシ、パウダーブルーサージョンフィッシュ
ガイドのサディアさんが、一生懸命マンボウを探してくれてましたが、残念ながら遭遇できず。
Murehatatatedai.jpg Tatekin2.jpg Hanabira_20090512221234.jpg
Sazanami2.jpg Goshikiebi.jpg Anna.jpg

2本目 ヌサペニダ サケナン
ENT 11:24 ~ EXT 12:13 DiveTime 0:49
深度 Max 15.8 Ave 11.5 水温 26℃
見られた生き物 ハマクマノミ、モンガラカワハギ、ロクセンヤッコ、アカネハナゴイ
Coral.jpg Rokusenyakko.jpg Mermaid.jpg
Chouchouuo.jpg
2本目終了後、チュニガン島に上陸し、鶏の鳴き声をBGMにのんびりランチ&休憩

3本目 ヌサペニダ チュニガン・チャネル
ENT 13:38 ~ EXT 14:27 DiveTime 0:49
深度 Max 19.8 Ave 11.8 水温 27℃
見られた生き物 カクレクマノミ、ハナビラクマノミ、ネッタイミノカサゴ
Antias.jpg Mermaid2.jpg Echan_Sumisan2.jpg

ダイビング終了後、他のみんなはまたまたプールサイドでのんびり乾杯。
AfterDive.jpg
私masakiは第3班のガルーダ便到着出迎えのため、シャワーをあびてからサディアさんと一緒に空港へ。
フミッキー&さやかさん夫妻+nikiを空港で拾って、ホテルへ戻ると姉さん2人の
熱烈歓迎が。えたぶの海外ツアー初参加のご夫妻、ちょっとビックリ?(笑)
Welcome.jpg Welcome2.jpg Welcome3.jpg

それからこの日はホテルで夕食とりながら、明日からの予定などを話しています。
なぜかnikiはバリ島での夕食時は上半身かならずと言っていいほどハダカです。
「これはオレのバリ島でのユニフォームだ」とか言ってますが、夏の暑い日についクセで日本国内の飲食店でもTシャツを脱ごうとしてしまうので、やめてほしいと思うmasakiでした。
Dinner3_20090512221114.jpg Dinner4.jpg 
食事のあとは、またまた本日のお楽しみのエステへGo!
初バリのご夫妻も爆睡してしまったものの、満足されたようでした。
ホテルへ帰って、全員就寝。
翌日は、朝からトランベンへ移動してのビーチダイブです。








                 
        

4月30日 《ダイビング1日目》

2009/ 05/ 11
                 
起床後、寝ぼけ状態で起床して朝食へ
breakfast1.jpg breakfast2.jpg
参加メンバー:岡本さん、えっちゃん、角さん、masaki
朝8時にホテルピックアップされ、サヌールのビーチへ。
Beach.jpg
出発直前にランチを忘れていたというハプニングはありましたが、今日のポイントヌサ・ペニダに向けて出港!
この日のダイビングは3本でした。以下ログです(時刻は全てローカルタイムです)。

1本目 ヌサペニダ Ped
ENT 10:02 ~ EXT 10:47 DiveTime 0:45
深度 Max 23.4 Ave 15.5 水温 22℃
見られた生き物 アカフチリュウグウウミウシ、スミレナガハナダイ、タテジマキンチャクダイ
AkafuchiryuguUmiushi.jpg Sumirenagahana.jpg Tatekin.jpg

2本目 ヌサペニダ SD
ENT 11:51 ~ EXT 12:41 DiveTime 0:50
深度 Max 19.8 Ave 13.4 水温 24℃
見られた生き物 ネッタイミノカサゴ、モンハナシャコ、タテジマキンチャクダイ、モヨウフグ
Nettaiminokasago.jpg Monhana.jpg Tatekin.jpg

3本目 ヌサペニダ サケナン
ENT 13:51 ~ EXT 14:40 DiveTime 0:49
深度 Max 20.7 Ave 13.7 水温 28℃
見られた生き物 サザナミヤッコ、アカホシカニダマシ(ピンボケですみません)、ハナビラクマノミ、モンガラカワハギ
sazanami.jpg Akhoshikanidamashi.jpg Hanabira.jpg
monngarakawahagi.jpg EChan_Sumisan.jpg Okamotosan_20090511231333.jpg


ダイビング終了後、ホテルに戻ってプールで潮抜き&ビールで乾杯です。
Pool2.jpg Pool1.jpg

それから、いつも行く海鮮やさんを探しててくてく歩きました、が!お店が休みでした
ちょっと3人しょげながら、その近くの屋台へ。でもここも海鮮屋さんでしたので、目的のカニも食べれてご満悦のお2人でした。
角さん、マイカニスプーンまで持参した甲斐もありましたね
Dinner2.jpg Dinner3.jpg

それからホテルへエステのお迎えが。プトゥリ・アユーでマッサージしてもらって、すっかりリラックス。エステが終わったら、masakiだけ空港へ送ってもらい、今日到着するマーメイドを出迎え、ホテルへ帰って就寝でした。





                 
        

2009年GWバリ島ツアーJALビジネスクラス出発編

2009/ 05/ 11
                 
こんにちは、masakiです。
4/29発、関空発JALビジネスクラスでGWバリ島ツアー第1班出発しました。
まずは福岡空港からANAのボンバルディア機で関空へ。
ANA
関空へ着いてJALカウンターでのチェックイン。
荷物を預けて身軽になったところで、さっそく「さくらラウンジ」へ。
ラウンジでくつろぐえっちゃんと角さん。
朝っぱらからビール飲んで、ここで既にリゾート気分?
kanku_lounge.jpg
出発時刻となり、機内に乗り込みちょっとすると、ドリンクが。
私はブラッディ・メアリーを頼みましたが、「お好みでどうぞ」と、ウォッカの小瓶ごと置いてってくれました(笑)。
drink.jpg
機内のエンターテイメントもチェックしてみました。
映画は、ちょうど上映中の「スラムドッグ・ミリオネア」が。それから、音楽も自分のプレイリストなんか作れたりして、時間つぶしのネタは十分でした。
そんなことをしていると、ディナーが。この日は洋食メニュー。以下メニュー
~前菜~
フォアグラ ミルフィユ仕立て、スモークサーモン、小エビのスパイシーソテー、冷製クラムクリームスープ
~メイン(2つから選択)~
牛フィレステーキ山椒風味オニオンソース or 三島オゴゼのソテー香味野菜オリエンタルソース添え → 私はお肉を選びました
~その他~
フレッシュサラダ、パン、南高梅ゼリー、コーヒーor紅茶

ほかにも、いつでもおにぎり、サンドウィッチ、アイスクリーム、JALのオリジナル麺(ラーメン、うどん、そば)は頼めばいつでも出してくれます。
dinner.jpg
お腹も満腹になったところで、さっきチェックした「スラムドッグ・ミリオネア」を観てしまおうと思っていたのに、途中眠気で挫折してしまい、爆睡してました

デンパサールの空港に着くと、入国審査で既に長蛇の列が・・・どうやら羽田便と時間的にかぶってしまったもよう。ここで空港の外に出るまで1時間以上並んでしまいました。
空港の出口で現地スタッフに迎えられ、この日のホテル、サヌールの「パラダイス・スイート」へ。
チェックイン後は、明日のダイビングの準備をして、寝たのは午前3時近くでした。