FC2ブログ
        

卒業旅行最終日

2009/ 02/ 21
                 
この旅行も本日が最終日となりました。
ダイビングが終わってしまうと私は不要となるのですが(笑)、今日はみんなでせっかくバリ島に来たのだからとバロンダンスを見に行きました、本当はラフティングに行きたかったのですがお天気がイマイチなので取りやめとしました。

@8.jpg@4.jpg@5.jpg@7.jpg@6.jpg@9.jpg@10.jpg
私は何度も見ていますが何回もても???です(笑)、でもみんなは面白かったといってました。

終わるとお次はバンジージャンプへと行きましたがこの日は強風でできないとのことでした、佐久間はめぐみや私はやる気満々でしたが佐久間と、たつやはびびっていましてできないと言われてホットした様子でした、次回は絶対に飛ばせてやる!!!(笑)
@12.jpg@11.jpg

沢山のお土産も買いました。
@13.jpg@14.jpg@15.jpg




そして午後10時、沢山の思い出をお土産に帰国です。
@16.jpg@17.jpg

大阪では市内観光もしました。
@1.jpg@3.jpg@2.jpg


卒業生の皆さんお疲れ様でした、社会人になっても頑張ってください!










                 
        

卒業旅行inバリ島・ダイビング4日目(ヌサペニダ)・ダイビング最終日

2009/ 02/ 18
                 
早いものでこの卒業旅行、ダイビングは今日が最終日となりました。みんな「え~、もう終わり~~、早すぎやん」などといってます。
本日は初日に行きましたヌサペニダ、全員が心待ちにしているマンタポイントにチャレンジします。
今年は異常なほど天候が悪いバリ島、果たして彼らはマンタポイントに行けるのでしょうか???
港でお見送りに来ているカクタスオーナーhiromiさんにご挨拶しています、マンタポイントに行けるとよろしいですね~、何て言われています。
x1.jpgx2.jpgx3.jpgx4.jpgx5.jpg

普通はマンタが出てくれるとよろしいですね!何て会話になるのですが此処バリ島ヌサペニダでのマンタポイントだけは別格です!、ポイントに行ければ必ずみれます!、此処でマンタみれなかったのはmasakiくらいじゃないでしょうか?(爆)、それくらいマンタが多いのです、行ければ必ずみれる・・・・。
過去には超怒級ブラックマンタ7枚を含むマンタ15枚の編隊飛行に出くわしたこともあります、ダイバーが居ても進路を変えず、ぶち当たるくらいに接近してきてダイバーがよけて回ったくらいでした。

出港するとうねりと風が強いですがマンタポイントに行けない天候じゃありません、後はみんながどれくらいシケを辛抱できるかです。(普通でも此処は時化ています、あまり凪には行ったことありません)
さっと行って船酔いする前にエントリー、そしてエグジット後は逃げるように帰る作戦をとり出航後すぐ酷く揺れ出す前にスーツに着替えさせて準備させます。
ポイントに付くとシーズンoffとシケが重なってかなんとマンタポイントは私たちだけ、貸し切りでした。
エントリーすると5分もたたずにいきなり出てきたのは超大型のブラックマンタでした、それからは右を見ても左を見ても上を向いてもマンタ、マンタ、マンタ、マンタだらけでした、それではそのマンタポイントでの成果をとくとごらんください。
x6.jpgx7.jpgx8.jpgx9.jpgx10.jpgx11.jpgx12.jpgx13.jpgx14.jpgx15.jpgx16.jpgx17.jpgx18.jpgx19.jpgx20.jpgx21.jpgx22.jpgx23.jpgx24.jpg

出てきたマンタは全部で9枚、その内ブラックマンタは4匹、どれも超大型のマンタばかりでした!、しかもこのときはこの9匹のマンタが私たちの側を離れずにダイビング中ずっと交互に出てきてくれたので実際には3~40匹みたいた事になります。
写真の中にはブラックマンタが大きく口を開けて捕食活動しているのが何枚もあります。
そうこうしているうちにhirokoが波酔いでダウン、アシスタントが船に連れて行くからと私にサインを出しました、此処までダイブタイムは35分ほど、全員エアーもまだまだ100以上残っていますが私は全員に浮上のサインを出しました。
エグジット後マンタポイントをフルスピードで逃げるように波のない西側に行きました。

その後2ダイブして卒業旅行全ダイビングを無事に終了しました、私も一安心です!
y1.jpgy2.jpgy3.jpgy4.jpgy5.jpgy6.jpgy7.jpgy8.jpgy9.jpg

logです。

番号 10
日時 2009年2月11日
ポイント名 マンタポイント(ヌサペニダ)
水面休息時間 21:42分
IN 9:28分
OUT 10:10分
ダイブタイム 42分
最大深度 13.4m
平均深度 7.4m
水温 28.9度

番号 11
日時 2009年2月11日
ポイント名 トヨパカ(ヌサペニダ)
水面休息時間 1:20分
IN 11:30分
OUT 12:14分
ダイブタイム 44分
最大深度 34m
平均深度 11.3m
水温 27.3度

最大深度34mとなっていますがこれは私とナツキだけです、他の方々は最大震度19mです。これはナツキがダウンカレントに捕まったために私が追いかけましてこの深度でつかまえましたのでその記録がダイコンに残っているためです。


番号 12
日時 2009年2月11日
ポイント名 SD(バリ島・ヌサペニダ)
水面休息時間 1:19分
IN 13:33分
OUT 14:10分
ダイブタイム 37分
最大深度 25.4m
平均深度 10.4m
水温 27.2度

ダイビングも終わりホテルへ戻ります、夕方からタナロット観光に行くのですがそれまでプールにて遊びます。
z3.jpgz1.jpgz2.jpg

そしてタナロットへ
z4.jpgz5.jpgz6.jpg
SAKUMAはトランベンに居るときからこの船型の凧が欲しくて欲しくてたまりません(笑)、とうとうここで買っていました、本人とても満足そうな顔です。

z7.jpgz9.jpgz8.jpg
これが私がウブドで女の子4人に買ってあげたワンピースです。

z10.jpgz11.jpgz12.jpgz13.jpgz14.jpgz15.jpg

今夜のディナーはジンバランの高級シーフードレストランです、あいにくの雨でビーチでの食事はできませんで店内で食べました。外は写真だけご覧ください(笑)。
za1.jpgza2.jpgza5.jpgza4.jpgza6.jpgza7.jpgza8.jpgza3.jpgP2110617.jpg

奥で食べているのは運転手のジャブレ、彼と知り合ってからもう6年もなります。
このレストランは外国人を案内した運転手には別室まかない飯が出るのですが私はいつも同じテーブルに呼びます。彼は私が用事を言いつけるといつも「OK、BOSS」「OK、BOSS」と笑顔で返事します。そのせいでしょうか最近カクタスのスタッフはジャブレをはじめボートスタッフも全員私をBOSSと呼びます、以前はnikiさんとちゃんと名前で呼ばれていたんですけどね(笑)

締めくくりはやっぱりエステ!、本日はniki御用達の「プツゥリー・アユ」へ
店に着くといつも出迎えてくれる店長が「オヒサシブリデス~」と流暢な日本語で挨拶してくれます、みんなメニューから自分の好みのコースを選びます。
zb1.jpgzb2.jpg
コースが決まると今度はお風呂を選びます、フラワーバスかミルクバス、カップルやご夫婦なんかはミックスにするとミルクバスの中に花を浮かしてくれます、男同士はあまり想像したくないですが・・・(笑)、ここ私遠くと色々な物がもらえますよ、最近は香りの良い石鹸なんかもらえます、町でお土産に売ってるのより高級品です、過去にはペアの木彫りの猫の置物、アロマオイル等々沢山いただいています、そして此処でも私が言うことは「ディスカウントオネガイシマ~ス」(笑)、店長はオーナーに電話して許可を取り全員をちゃんと値引きしてくれました。

それでは中にご案内です。
zb3.jpgzb5.jpg
入口とお風呂です。最初部屋にはいると服を全部脱ぎます、そして不織布でできているパンツをはいて置いてあるサラサを巻いてOKのサインを出すと部屋にマッサージをしてくれる女の子が入ってきます。まずはお風呂の縁に腰掛けて塩を入れた洗面器で足をマッサージしながら洗ってくれます。

洗ってもらっているその間に横に置いてある沢山のアロマオイルから自分の好みをを選びます。
zb6.jpgzb12.jpg
効能を見ながら香りなど嗅いだりします。

その後はベッドに移り体全体を拭いてもらってから開始となります。
zb4.jpgzb8.jpg
最初はうつぶせその後は仰向けです、うつぶせの時は此処に顔を入れます。
私たちが選んだコースは1時間半で、料金は種類によって40ドルから50ドル前後っそれから○○%値引きしていただきました、お支払いは円、ドル、ルピア、カードなんでもOKです。
他に3時間コースや半日コース1日コースなんてのもあります。
zb9.jpgzb10.jpgzb11.jpg
SAKUMAとツバサは魂まで抜かれたようになって戻ってきました(笑)、帰ってきた第一声は「ここ気持ちよすぎてメッチャヤバイっすよ!!!」でした(爆)



いよいよ明日は卒業旅行最終日です!

                 
        

卒業旅行inバリ島・ダイビング3日目(トランベン)&ウブド観光・お買い物

2009/ 02/ 18
                 
本日は2ダイブ、その後ウブド観光とお買い物してクタに戻ります。
今朝はゆっくり起きれまして朝食です、プールサイドのレストランにて。
u1_20090218082432.jpgu3_20090218082444.jpgu2_20090218082439.jpg

その後てくてく歩いてポイントへ向かいます、たまにはこういうゆっくりしているのもよろしいですね。
u4_20090218082450.jpgu5_20090218082456.jpg

トランベン最後のダイビングはみんなリラックスして楽しんでいました。ピグミーは小さすぎて見えますか~?
u6_20090218082503.jpgu8_20090218082515.jpgu7_20090218082509.jpg

いつもhirokoによりそうツバサ君、そうですツバサはhirokoが好きなのです!・・・???、違った(笑)、実は1人だけエアーの消費が早いツバサはみんなからエアーを分けてもらってるのです(笑)、hirokoだけじゃなくユカやたつやからももらってました。
u13.jpgu15.jpgu14.jpgu9_20090218082525.jpgu11_20090218082541.jpgu10_20090218082535.jpgu12_20090218082547.jpgu16.jpgu17.jpg

トランベンでのダイビングも終了~!
ホテルでシャワーを浴びて着替えをしてトランベンとお別れ、これからウブドを経由してクタへと向かいます。

logです。
番号 8
日時 2009年2月10日
ポイント名 沈船・中央(トランベン・リバティー号)
水面休息時間 13:16分
IN 8:52分
OUT 9:46分
ダイブタイム 54分
最大深度 30.1m
平均深度 12.3m
水温 28.2度

番号 9
日時 2009年2月10日
ポイント名 沈船・南off(トランベン・リバティー号)
水面休息時間 1:07分
IN 10:53分
OUT 11:45分
ダイブタイム 52分
最大深度 26.7m
平均深度 11.6m
水温 27.9度

ウブド到着
此処には観光するところは美術館やヒンズー教のお寺など沢山ありますが我々はモンキーフォレストにまずは行きました。
v1.jpgv2.jpgv3.jpgv4.jpgv5.jpg

そしてお次はお買い物です。みんなそれぞれにお土産をゲットしていました、めぐみは値切り方も上手でしたね(笑)
そしてここでは女の子達に最終日のディナーに着ていく服を買ってあげました(男にはナシです・笑)、ちゅうかこの国男が着れるような服はあまりないのですよ。
みんなそれぞれに選んでいます。
v6.jpgv7.jpgv8.jpg買ってあげた側の私の趣味的にはやっぱりユカが買ったのがもっとも良かったように思えます、着てる姿は後からのタナロットやディナー風景で出てきますので見てください。
お値段は申し上げられませんが(笑)、昨年の春合宿の時に買ってあげたのの倍ちょっとしました、卒業旅行なので奮発?しました。

町にのあちこちにはこんなディスプレイも
v10.jpgv9.jpg

そして今夜の宿泊 OASIS・KUTAに到着です。しゃれたシティーホテルみたいなところ、プールを取り囲むように客室が配置されていています。
v11.jpgv13.jpgv12.jpg

休憩してから夕食へ。今夜はバリ島でもっともにぎやかなKUTAスクエアーにあります、多国籍レストランへ行きました。
此処での夕食を仕切ったのはタツヤでしたが、頼むは頼む!恐ろしいほどにオーダーしていましたがみんな全部食べていました(笑)
v14.jpgv15.jpgv16.jpgv17.jpgv18.jpgv19.jpg

夕食の後はやっぱりこれですね、少しだけ町を散歩した後お買い物班とマッサージ班とに分かれました、私は当然マッサージに行きました。
ここは1時間日本円で680円のマッサージです、初体験のSAKUMAはけっこう緊張している?(笑)
v22.jpgv23.jpgv21.jpgv20.jpg
めぐみ、ゴメン!顔が写ってなかった(笑)

こうしてあっという間に1日が終わりました。





















                 
        

卒業旅行inバリ島・ダイビング2日目・トランベン

2009/ 02/ 17
                 
今日はトランベンに移動です、朝食後車に乗って2時間半ほどです。
現在はバイパスができてこれくらいの時間で行けますがちょっと前までバイパスがなかった頃は3時間以上かかっていたのですよ、マジでヘリコプターか水上飛行機をチャーターしようと計画したこともありました(笑)

トランベンに到着です。本日の宿泊は高級リゾートホテル『ミンピ・トランベン』です、チェックインをだけすませてすぐにダイビングです。
r1_20090217203726.jpgr2_20090217203734.jpgr3_20090217203741.jpg
めぐみ、おしりに大きく入れたネームが水中でもハッキリ分かります(笑)

r4_20090217203749.jpgr5_20090217203756.jpgr6_20090217203801.jpgr7_20090217203807.jpgr8.jpgr9.jpg
ギンガメアジのトルネードの中に入って遊んで楽しそうですね、写真も沢山撮っていたようでした。

1本目が終わると海岸を歩いてホテルへ
s0.jpgs1.jpgs2.jpg

そして休憩はプールサイドで
s3.jpgs8.jpgs7.jpgs6.jpgs10.jpgs11.jpgs9.jpgs5.jpgs4.jpg

本日は4ダイブ、締めくくりはナイトダイビングへ、なんとツバサだけはナイト初めてだったらしいが、ナイトダイビング大好き、ナイトのエキスパートの俺の側にいてこの4年間1度もナイトやってないなんて一体何していたんだ~?、いつもタダ同然でナイトさせているのに・・・・・、この不届き者め!(笑)
t1.jpgt2.jpgt3.jpgt4.jpgt5.jpgt6.jpg

本日のlog
番号 4
日時 2009年2月9日
ポイント名 沈船・南回り(トランベン・リバティー号)
水面休息時間 21:10分
IN 11:41分
OUT 12:28分
ダイブタイム 47分
最大深度 28.9m
平均深度 13.3m
水温 28.8度

番号 5
日時 2009年2月9日
ポイント名 沈船・北回り(トランベン・リバティー号)
水面休息時間 1:11分
IN 13:40分
OUT 14:38分
ダイブタイム 58分
最大深度 22.9m
平均深度 11.3m
水温 28.5度

番号 6
日時 2009年2月9日
ポイント名 ドロップoff(トランベン)
水面休息時間 1:13分
IN 15:52分
OUT 16:41分
ダイブタイム 49分
最大深度 26.8m
平均深度 12.4m
水温 28.2度

番号 7
日時 2009年2月9日
ポイント名 沈船・南回り(トランベン・ナイトダイブ)
水面休息時間 2.06分
IN 18:48分
OUT 19:35分
ダイブタイム 47分
最大深度 21.5m
平均深度 10.6m
水温 27.9度











                 
        

卒業旅行inバリ島・ダイビング1日目

2009/ 02/ 17
                 
昨夜はみんな寝れたのでしょうか?私と同室のめぐみ、なつき、hirokoはけっこう遅くまでおきていたみたいでしたがお年寄りのnikiさんは(笑)早く寝たので知るよしもありません。
朝聞いたら12時過ぎまで起きていたとのことでした。

ダイビング初日です、朝食後に迎えの車で港に向かいますと言ってもホテルから5分ほどのところ歩いても行ける距離です。

みんな初めての海外でのダイビングです、今まで行ったところでは渡嘉敷島しか知らない面々です(笑)果たして彼らの目にバリ島の海はどういう風に見えるのでしょうか?
c2.jpgc7.jpgc3.jpg
朝日を浴びてさ~出発です、みんな笑顔で張り切ってます。

約40分でポイントに到着準備させます。
卒業祝いに私が贈ったおニューのウエットスーツに着替えてまずは記念撮影。
c1.jpg
写真でみてもやっぱりたつやのウエットは派手すぎですが(笑)海中では、薄汚れた焦げ茶色に見えるとSAKUMAから言われていました(笑)

1本目です。
c4.jpgc5.jpgc6.jpg
この日は満月でして大潮、ポイントはエントリして潜行までにロープにつかまってるのも辛いような怒濤の流れ、丁度1年前に来ました春合宿の時と比べると比べものにならないようなこれが同じポイントかと疑うような流れです。
こんな流れはみんな初めての経験ですが誰かが経験させたてあげないといつまでも流れの強いところは潜れるようにはなりません。
エントリーして潜行開始ですがhirokoのタンクにつかまっていたロープがひっかかって潜行できません、激流をさかのぼり助けに張りまして何とかタンクにひっっかかっていたロープは外したのですがなんと事もあろうかそのロープが今度はマスクに引っかかりマスクをはねとばしました、『おぉぉぉ~、ヤバイ!!!』
ですがそこは流石は4年生場数はこなしております、水面でマスクをかけ直して呼吸を整えてから再潜行、でもこれで激流の水面を流されたのですから本体とは軽く3~400mは離れております、hirokoと私、バリ島での1本目は二人だけの水中デートです(爆)
でもご心配なくガイドのサディさんとはヌサペニダだけでも500本近くこの10年間で潜っています、ここら辺は何も言わなくてもあうんの呼吸です、大きな岩の流れのないところを選んで少しずつドリフト、よどみに身を隠していると10分ほどで本体と合流です、これにて一件落着です(笑)
でもマスクがとばされたときは正直ビビリました、OW講習でマスクスキルの重要性を今更ながら再認識させられました、とばされたのが現役の○ゅ○りじゃなくて本当に良かったです(笑)

ダイビングの様子です。
b3.jpgb8.jpgb6.jpgb7.jpgb5.jpgb4.jpgb2.jpgb1.jpgb9.jpg
全員にココナッツを飲ませましたがお味は?(笑)

logです。
番号 1
日時 2009年2月8日
ポイント名 SD(バリ島・ヌサペニダ)
水面休息時間 0
IN 9:32分
OUT 10:11分
ダイブタイム 39分
最大深度 17.4m
平均深度 12.3m
水温 28.6度

番号 2
日時 2009年2月8日
ポイント名 Pad(バリ島・ヌサペニダ)
水面休息時間 1:08分
IN 11:20分
OUT 12:05分
ダイブタイム 45分
最大深度 28.7m
平均深度 13.5m
水温 28.5度

番号 3
日時 2009年2月8日
ポイント名 サケナン(バリ島・ヌサペニダ)
水面休息時間 1:33分
IN 12:39分
OUT 14:31分
ダイブタイム 52分
最大深度 21.6m
平均深度 12.6m
水温 28.6度

ダイビングを終えて戻ってきました。
a3_20090217202050.jpga2_20090217202045.jpg

そしてホテルに戻るとプールサイドでまったりです、ボールを借りてきてプールの中で遊んでいました。
a1_20090217202038.jpga4_20090217202056.jpg
やっぱり若いだけ元気ですね、私は部屋に帰りシャワー浴びてビール飲んで夕食までゆっくりお昼寝でした(笑)


                 
        

卒業旅行inバリ島

2009/ 02/ 14
                 
気温33℃のバリ島より春一番が吹き荒れる日本に昨日帰国しました~!
Finsの卒業旅行への引率、この10年間で30回以上バリ島に行っている私ですが卒業旅行の引率は初めての経験でした、参加した皆さんの良い思い出になった事を祈念しつつlogを進めたいと思います。

卒業旅行それは出発前日から始まりました、そうです前夜祭がありました(笑)

☆お見送り☆ 004☆お見送り☆ 007☆お見送り☆ 003



2009年2月7日早朝6時、まだ人気の少ないしーんと冷たい空気の福岡空港国内線に集合です、早かったので遅れるんじゃないかと予想しておりましたが誰一人として遅刻する者はなく良かったです、そして現役組も朝が早かったにもかかわらず先輩達のお見送りに来ました、なかなか良い雰囲気です(お土産をおねだりしたかっただけかもしれませんが?・笑)、ここから関空に移動しました。

きつかった受験を突破し福大に入学、そしてFinsに入った彼ら卒業生、Finsと共に過ごした学生生活は喜びや悲しみ、苦しかったこと楽しかったことなど色々出来事があったでしょう、この卒業生が学生生活最後の思い出作り、卒業旅行に選んだのはバリ島へのダイビング旅行でした。
それぞれが学生生活の色んな想いを胸に秘めた卒業生を乗せたガルーダインドネシア航空GA883便は定刻通り関西国際空港をデンパサール(バリ島)へ飛び立ったのでした。

搭乗直前の様子です。
P2070001.jpg

約7時間のフライトの後に定刻17時にバリ島に到着です。
P2070006.jpgP2070007.jpg

入国をしませ税関を通り両替をすませてから外へと出ました。
迎えに来てくれていたのはバリ島ツアー毎度おなじみ『インドネシアン・カクタスダイバーズ』のサディアさん達です。
P2070008.jpgP2070009.jpg
ツバサは着くなり暑いと駐車場で着替えをはじめました(笑)

そしてホテル到着
今回の卒業旅行は丁度1年前に行きましたバリ島への春合宿に利用しましたホテルより3ランク上のホテルです、初日宿泊はサヌールにあります「パラダイス・スイート」、パラダイス系列のホテルでは部屋が最も広いです(広すぎかも?しれません)、大勢でわいわいガヤガヤするのには最適ですよ。
P2070012.jpgP2070015.jpgP2070013.jpg
ホテルへ着いてロビーにてウエルカムドリンクを飲みながら明日からのダイビングのために書類に記入します。

そしてお部屋はこんな感じです。
P2070021.jpgP2070022.jpg
30畳ほどのだだっ広いリビング、そしてベッドルームが2部屋ありまして各部屋にバス、トイレが付いています、キッチンもあります。大きな部屋の中に各部屋がありますので男女同じ部屋でもいっこうに差し支えありません。

バリ島1日目の夕食は近くのバイパス沿いにあります、ジャワ人夫婦が経営する超ローカルなレストラン、お目当てはマングローブカニであるマッドクラブです。

まずはみんなでビンタンビールで乾杯
P2070016.jpg

そして出てきたマッドクラブ、イカ、焼き魚、空芯菜、鳥の照り焼きなどなどおなかいっぱい食べました。
P2070017.jpgP2070018.jpgP2070019.jpg

こうしてバリ島1日目はあっというまに過ぎてしまいました。