FC2ブログ
        

7月25日 おおびき島

2009/ 07/ 27
                 
お天気良くありませんでしたがおおびき島に10名で行ってきました~~~
エターナルブルーではおおびき島南側(防波堤が無い方)しか潜りませんが、この日は南西の風が強く南側は大時化状態、風と波を避けて北側でのダイビングでした。

参加した皆様お疲れ様でした~。

そうそう水深30m程の所にぶりの大群(3000匹ほど)が居ますよ、取り囲まれ触れそうなところまでよってきます。

d2_20090727111811.jpg  d1_20090727111809.jpg

左は店長sakuma、シケを心配して立ったままで前を見ています。
右はezakiさまご夫妻、先週はサイパンを楽しまれたようでして?よかったです(笑)
次回は是非男女群島を体験してくださいませ。


d4_20090727111812.jpg  d3_20090727111811.jpg

エターナルブルーのダイビングではドリフトは常識当たり前です、どこか見たいに島まで船で連れてきて防波堤に接岸し船は動かさずにその場からダイビングって事は絶対にありません(笑)、それってボートダイビングじゃなくて瀬渡し(島渡し)ダイビング、ビーチダイブとと同じですよね?(爆)
浮上して船が迎えに来るのを待ってます。


d7_20090727111822.jpg  d5_20090727111812.jpg  d6_20090727111812.jpg

北側流れもないのでハッキリ言って全然面白く無いのですよ~、それでもみなさん色々なことして遊んでました。
今回は夜にビアパーティーを予定してましたので2ダイブしかしませんでしたが、次回8月4日は3ダイブしましょうね。




                 
        

2009年7月18日(土)~19日(日)男女群島 

2009/ 07/ 21
                 
始まりました、エターナルブルーが誇る夏の男女群島ダイビングツアー、毎年毎年独占状態の男女群島、此処をご案内できるのは私nikiだけです。
今回も関東関西方面、広島等から15名のゲストにおいで頂きました、スタッフ一同感謝いたします。
15名を2隻に分けて出港しました。
(男女群島に行ける近海許可船の定員は旅客定員12名+乗組員3名、最大で15名です)

これから参加を予定されている方、参加を検討されている方のために週末を例に取り時間を追ってツアーのlogを進めていきます。

それでは始まり始まり~~~~、パチパチパチ(拍手です・笑)

このツアーは1泊2日となっておりますが実質は2泊3日です、金曜日のゲストのお迎えから始まります。
今回は東京からいらっしゃるゲストのお迎えに長崎空港へ夕方車で行きました、これがショップ様等の団体様ならば海上空港である長崎空港の特長を生かし空港の桟橋まで船でお迎えに上がります、これだと渋滞も待ち時間も一切無しです

これが長崎空港の桟橋です、こんな風に直接横付けしてお迎えに上がります。ちなみにハウステンボスや長崎市内方面にも定期船が出ており船で行けます、そうなると渋滞は関係ありません。
DSC01808.jpg  DSC01810.jpg
空港送迎ですが以前までは長崎空港オンリーでお願いしていたのですが最近はスタッフも増えましたので福岡空港送迎にも対応しております。

22時過ぎ、今度は広島から新幹線→JRと乗り継がれて来られたゲストを「早岐駅」までお迎えに行きます。
この時点で出港地であります佐世保の待合所にゲストは全員集合です、皆様各自ご挨拶などすまされまして大広間(75畳)に軽くビールなどを楽しんだ後に寝袋にて(レンタルあり)雑魚寝です。
その頃大量の食料を買い出ししてきたエタブスタッフmasakiとダイブマスター候補生のsakuma、ゆう達も到着です。お風呂などに入って(完備してます!、一度に4名まで入浴できます)やっと一息です、時間的には23時前後ですか・・・・・・。

翌朝(土曜日)
男女群島ツアーの朝は早いです、6時少し前、爆睡中の皆さんを私が優し~く?たたき起こします(笑)、客だから大事にされるなどと勘違いしたら大間違いなのがこのツアーです(笑)、普通ダイブショップ側はゲストを選べませんが私はゲストを選びます、全てに私の指示には従っていただきます!
私の指示に従っていただくことが安全で楽しい男女群島ツアーを楽しむ最大で唯一の方法なのです。
それではこんなに早く起きて何をするかと言いますと、たいしたことではありません機材の船への積み込みです。タンク15名×5本=75本+予備タンク7本、合計82本のタンク。
船のスタッフまで入れると23名分の生鮮食料、飲料水、ジュースやお茶、保存食料、レトルト食品、氷(1トン)、コンロなどの備品関係、テント(二張り)、キャンプ用の椅子、ダイビング機材、ウエイト等です。
これをエタブスタッフ、ゲスト、船の乗組員全員で手分けして積み込みまします。

積み込みが終わるのが大体6:30分頃、この時間になると丁度朝食もできております、朝食は毎回同じ物で、ご飯、味噌汁、のり、佃煮、焼き魚、卵、漬け物等です。
ご飯を頂き7:00頃に男女群島に向けて出港します。

7:00頃出港すると男女群島到着は大体10:00~11:00の間です、お天気(波高)で若干替わってきます。
こんな風に男女群島が見えてきます。
P7300161.jpg  PA140012.jpg
男女群島までの航海では途中かなりの確率でイルカの群れや鯨に遭遇することができますよ、これも楽しみの一つです。

今回は南からのうねりが大きかったですが10:30分頃には男女群島に到着しました。早速準備そして1本目
1本目終了後に昼食(お弁当)、その後3本目(オプション)を潜りました。
海中ですが透明度40m、水温28度(場所によっては29度ありました)、魚はドッチャリいました(笑)
s16.jpg  s15.jpg  s14.jpg

s13.jpg  s12.jpg  s11_20090721190156.jpg

s10_20090721190156.jpg  s9_20090721190156.jpg  s8_20090721190156.jpg  

s7_20090721190129.jpg  s3_20090721190128.jpg  s6_20090721190128.jpg

s5_20090721190128.jpg  s4_20090721190128.jpg  s2_20090721190127.jpg

s1_20090721190100.jpg  rr2.jpg

今回の男女群島ツアーは水中でのメイン写真があります、それはなんとカジキマグロが出たのでした~体長は5mほど私以外の全員が15mほどの距離で見ているのでした・・・・(泣)

sk1.jpg  sk2.jpg


男女群島の磯ではジャンプするのを何度も見ているのですが水中では一度も見たことがない私でしたので非常に残念でした。
この時期カジキを狙った漁師の突きん棒船は何隻も男女群島に来ていますからね、居るのは当然と言えば当然です。


m1_20090721185946.jpg
ダイブマスター修行中の店長sakuma
学生時代から私と付き合いがあります、ダイビングはかなりこなしますがボートを得意とするエタブでは船に弱いのは弱点ですね(笑)、でも成れればどうにかなるでしょう、だって昔はこの私でさえ船酔いしていたのですからね(笑)。
ダイブマスターとしてはダイビング以外のツアーコントロール面をもう少し厳しく鍛えてやろうと思っております、それも店長としての勤めでもあります。

m2_20090721185947.jpgm6_20090721190022.jpg
後にも先にも最初で最後であろうFins現役で初めてダイブマスターにチャレンジしているゆう。
このDMトレーニングは彼女が社会人となって仕事を始めてもきっと役に立つはずです、トレーニングに入る前に私と交わした約束は絶対にダイビングを仕事としない、就活してちゃんとした仕事に就くことでした。
ハッキリ言いますが機材を定価で売る、お客様からツアーや講習でボッタクル、スタッフを使い捨てにして労災保険や雇用保険もかけない、これらをしないと宝くじにでも当たらない限りダイビングではご飯は食べられません(笑)
ちなみにエターナルブルーでは(宣伝です・笑)
機材は絶対に定価で売りません
ツアーでは利益と経費の2重取りはしませんし、引率の経費はツアーに上乗せしません。
講習は少人数の制です。
労災保険、雇用保険どちらもバッチリかけています特に労災保険はバイトがタンク運びや転んで怪我してでも全てカバーしております。
スミマセン話がそれました

ゆう、褒めるとすぐに頭に乗るのであまり褒めたくは無いのですが(笑)、学生レベルじゃなく一般と比べてもダイビングはかなりこなします、私が1年生の時から鍛えたのですから当然と言えば当然なのですがそれなりの素質もあったのでしょう。
今回も黙ってみていたのですが男女群島の揺れる船上でもmasakiと変わらない早さでエントリーの準備していました。

m4_20090721185947.jpg  m5_20090721190021.jpg  m7_20090721190022.jpg
左からゲストの瑞穂さん(唐津)、湧本さん(広島)、武下さん(広島)
湧本さんは今回エターナルブルーのツアーは初めて参加です。
瑞穂さんは3月にパラオにも行きましたし自宅とエタブが近いのでちょくちょく遊びにも来ます。
武下さんは海外ツアーにもしょっちゅう参加していただいております。
船を2隻出しましたので水中写真はniki班のだけしか手元にありませんでした。

一日が終わると女島の防波堤に上陸してキャンプの準備です、みんなで手分けして備品の陸揚げ、食事の準備などをします。
この日の夕食のメニュー、メインは「もつ鍋」でした、BBQなどをしたりもします。
それと休憩中に船のスタッフがジギングで釣ってくれたカンパチとアカハタのお刺身煮付け等です。
r8_20090721190059.jpg  r7_20090721190059.jpg  r6_20090721190059.jpg
masaki、もつ鍋用に大量のニラを切っていますね。
スーパー2件分のニラを買い占めたと言ってました(笑)
r5_20090721190059.jpg  r3_20090721190022.jpg  r4_20090721190022.jpg

r1_20090721190022.jpg  h2_20090721185946.jpg  h1_20090721185946.jpg

楽しい楽しい男女群島ツアーでした~~~

スタッフmasakiより、補足です。
今回見られたお魚たち
男女群島定番のキンギョハナダイにグルクン、それからサザナミヤッコ、タテジマキンチャクダイ、黄色のカエルアンコウ、ハタタテハゼ、クエ、エイ、ウメイロモドキ、カンパチ、ハナミノカサゴ、ユカタハタ、ウミウサギガイ、ツバメウオ、それからカジキマグロは帰ってからネットで調べたところ、「シロカジキ」に一番近かったような・・・。
今回私も初めて水中で遭遇して、違っていたらごめんなさい
最初見つけた時は、一瞬イルカか何かと見間違えたかと思いましたが、ダイビング中には滅多にお目にかかれない大物の出現に、私もゲストの方々も大コーフンでした

次回もお魚見つけ、張り切ります