FC2ブログ
        

年末年始タイツアーログ

2011/ 03/ 28
                 
こんにちは、masakiです。

2010年末から2011年始にかけて、シミランクルーズ&プーケットツアーに出かけてきました
ここ数年、毎年1月中旬頃にタイへ出かけていましたが、年末年始のツアーは初の実施でした。

~12月30日 福岡発→バンコク経由プーケット→シミランへ移動の1日編~ 
朝の福岡空港国際線、渡航者で各チェックインカウンターとセキュリティチェックのゲートは長蛇の列でした

ここで無事に参加者の皆さんと合流し、何事もなくチェックイン終了
その後のセキュリティチェックと出国で時間がかかるかもと予測し、レストランには行かずに、そのままセキュリティチェックへ。
ここで、セキュリティチェックに引っかかる荷物が1つ発覚し、ゲスト1名、再度チェックインカウンターへ。
ここで時間がかかると思っていたのですが、案外すぐに戻ってこられたので、ホッとしました。

搭乗までの時間、買い物したり軽食を取ったり、ビールを飲んだりしてすごしました。

搭乗後は、バンコク経由プーケットへ。(写真は、バンコクの空港の中庭と、軽く食事中のみなさん)
バンコクの空港で バンコクの空港で バンコクの空港で
バンコクの空港で

ここでちょっと心配していた、後で預けた荷物がロストしてしまい(小物など別に預けた荷物はたいてい段ボール箱などになるので、ちゃんと届くか心配していたのですが、「案の定・・・」って感じでした
帰国便までに見つけて預かってくれる、とのことだったので、それを信じて、空港を後にしました。

プーケット到着後、そのままクルーズが待つ港へ直行。
X'mas&New Yearだからか、長い桟橋は、キレイなイルミネーションで飾られていました
2010123001.jpg 2010123002.jpg クルーズ出航!

乗船後は、夕食をとりながら一通りの説明を聞いて、各自明日の器材のセッティング。それが終わったら、荷物を部屋へ移動し、就寝~
到着時の夕食

~2010年大晦日 怒涛の4daive編~

前日の夕食の時間帯が既に22時過ぎ。
日本時間で0時過ぎており、夜の間にシミランへ移動するので、みんなゆっくり眠れたらいいけどと心配でしたが、翌朝7時、皆さん元気に起床してこられました
しかもこの日は、7時起床で朝食前から潜りだし、合宿のように4ダイブの予定
が、皆さんしっかり4ダイブこなされてました
IMG_0561.jpg IMG_0532.jpg IMG_0533.jpg
IMG_0535.jpg IMG_0548_20110328202007.jpg IMG_0566.jpg
IMG_0566.jpg IMG_0573.jpg 2010123101.jpg

休憩中の様子。
IMG_0587.jpg IMG_0588.jpg IMG_0604_20110328202311.jpg
IMG_0597.jpg IMG_0598.jpg 2010123105.jpg
IMG_0599.jpg IMG_0600.jpg 2010123103.jpg

この日は、朝からちょっと風が強かったのですが、昼頃までお天気も良かったのに、後で雨が降り出し、ビーチ上陸&バランシングロックへ登る予定は、残念ながら叶いませんでした、なので今回は写真だけ。
IMG_0565.jpg 2010123102.jpg

しかも雨が降っている間、風もあったので肌寒く、この季節のタイだというのに、上着が要る始末でした。
でも、ダイビングは張り切ってましたよ
IMG_0610_20110328202311.jpg IMG_0614.jpg IMG_0621.jpg
IMG_0630.jpg IMG_0631.jpg IMG_0636.jpg
2010123104.jpg 2010123106.jpg

この日のダイビングを無事に終え、「そういえば今日は大晦日だね」とか話したり、この日の写真を見たりしてすごしていましたが、現地サービスで、年越しそばと、タイの気球を準備してくれていたのと、NewYearの時間に船で爆竹やら花火をしていたので、年越しテンションが上がりました
IMG_0658.jpg IMG_0663_20110328202552.jpg IMG_0676.jpg
IMG_0660_20110328202553.jpg 2010123107.jpg 2010123108.jpg

それから翌日は、常連さんezaki夫妻の50diveメモリアルの予定です、明日も張り切っていきましょう
IMG_0657.jpg

~2011年元旦 朝7時からの初dive→プーケット移動編~

元旦の朝です!6時起床です!しっかり日の出の写真を撮りたかったのですが、曇りと船の移動の関係で「日の出前」の写真になってしまいました
↓の写真は日の出前から、目の前で夫妻がコンタクトレンズ装着で格闘しておられ、みんなちょっとはらはら
時間が掛かっていましたが、無事装着完了の折には、みんなで「ばんざ~い」でした
IMG_0691.jpg IMG_0689.jpg IMG_0688.jpg
IMG_0692.jpg

元旦の朝7時からダイビングなんて、日本人くらいですよね、とか言いながら、朝飯前から1本目→2本目。
IMG_0699.jpg IMG_0700.jpg IMG_0704.jpg
IMG_0706.jpg IMG_0716.jpg IMG_0718.jpg
IMG_0721.jpg IMG_0734.jpg IMG_0736.jpg
IMG_0740.jpg IMG_0741.jpg IMG_0749.jpg
IMG_0762.jpg IMG_0765.jpg IMG_0770.jpg
IMG_0773.jpg IMG_0778.jpg IMG_0794.jpg
IMG_0795.jpg IMG_0797.jpg IMG_0799.jpg
2011010101.jpg 2011010102.jpg 2011010103.jpg

陸で休憩中に、だんだんといいお天気に
気温も上がって「こうでなくちゃ!」と皆さんのテンションも上がってきました。
IMG_0801.jpg
昨日雨天で上陸できなかったビーチとは別ですが、「ハネムーン・ビーチ」というロマンティックなネーミングのキレイなビーチに上陸させてもらいました
IMG_0802.jpg IMG_0804.jpg IMG_0812.jpg
IMG_0815.jpg IMG_0816.jpg 2011010104.jpg

さてさて、この日も3本のダイビングをこなしました&ezaki夫妻の50本メモリアルも、オメデトウございます
IMG_0823.jpg IMG_0827.jpg IMG_0828.jpg
IMG_0832.jpg IMG_0837.jpg IMG_0842.jpg

しっかり3本のダイビングをこなし、クルーズ下船前に、現地ガイドの方や現地サービスの方々と一緒に記念撮影。
IMG_0843.jpg

スピードボートに乗り込み、プーケットへ。「船のみなさん、お世話になりました!」
IMG_0847.jpg IMG_0848.jpg

プーケット到着、港の様子
IMG_0850.jpg IMG_0851.jpg IMG_0852.jpg
IMG_0855.jpg

今回は、パトンビーチのホテルを利用しました。
ホテルのチェックインを終えたら、夕食へ。この日はビーチ沿いをうろうろして、近くのレストランで食べました。ちょうど、生バンドの演奏もあって、皆さん大満足。
歌が上手くて、ノリノリでした。
IMG_0856.jpg IMG_0861.jpg IMG_0865.jpg
IMG_0868.jpg IMG_0871.jpg

後で聞いたら、シンガーはたいていフィリピンの方だそうで。
どうりで、演奏聴いてるときに、以前行ったマニラで生バンドやってる屋外のレストランを思い出していたのでした。

お腹も満腹になったところで、ビーチ沿いに所狭しとならんだ露店でしっかりと買い物前のチェック
IMG_0875.jpg IMG_0876.jpg IMG_0877.jpg
IMG_0878.jpg IMG_0879.jpg IMG_0880.jpg
IMG_0882.jpg IMG_0883.jpg

~1月2日 ピピ島デイトリップ&プーケットファンタシー編~

翌日。朝食を食べ、ピピ島へのデイトリップへ出発です
IMG_0884.jpg
スピードボートでピピ島へ。
ボートが早いのは良かったのですが、海が時化ていて、かなり揺れました
が、皆さん無事に船酔いもなくスタッフの私としては、これは助かります
IMG_0885.jpg IMG_0886.jpg

あいにく、透明度は悪かったのですが、カメやレオパードシャークが見られ満足でした。
IMG_0889.jpg IMG_0890.jpg IMG_0899.jpg
IMG_0919.jpg IMG_0920.jpg IMG_0925.jpg
IMG_0973.jpg IMG_0974.jpg IMG_0979.jpg
IMG_0980.jpg IMG_0981.jpg IMG_0983.jpg
IMG_0984.jpg IMG_0990.jpg 2011010201.jpg
2011010202.jpg 2011010203.jpg 2011010204.jpg
2011010205.jpg 2011010206.jpg

それから、陸も楽しかったです
写真は、映画「The Beach」の舞台になったビーチです。が人だらけでした
IMG_0934.jpg IMG_0939.jpg IMG_0945.jpg
IMG_0950.jpg IMG_0951.jpg IMG_0955.jpg

本島上陸してのランチの様子。
この日のダイビングで、今回のツアーのダイビングが全て終了です!
皆さん昼間っから、ビールで乾杯です!!
IMG_0997.jpg IMG_0998.jpg IMG_0999.jpg
IMG_1000.jpg IMG_1004.jpg IMG_1005.jpg
IMG_1006.jpg IMG_1007.jpg IMG_1008.jpg

ランチを終えてプーケットに戻ると、皆さん楽しみにしていた「プーケットファンタシー」へ行ってきました
テーマパーク+レストラン+アトラクションショーの融合みたいなところです。
まずはエントランスで
IMG_1012.jpg IMG_1014.jpg IMG_1016.jpg
IMG_1018.jpg IMG_1019.jpg

中に入ると、いろんなテーマの建物やら売店もあります。
IMG_1020.jpg IMG_1021.jpg IMG_1025.jpg
IMG_1026.jpg IMG_1031.jpg

外では、象に乗ることもできます
IMG_1034.jpg IMG_1038.jpg 2011010301.jpg

そしてこれが私たちが行った、ビュッフェスタイルのレストランの様子。デカイ、そして広い。。。
写真に写っている部屋が、1つではなく、他にもいくつかあるんですよね。
IMG_1039.jpg IMG_1042.jpg IMG_1043.jpg
結婚式会場をいくつもくっつけた様な広さでした。
タイ料理だけでなく、中華やインド料理などもありましたよ!

ショーの様子は残念ながら撮影禁止なので、建物だけ。
IMG_1044.jpg

ショーの建物で、みんなで代金を出し合って撮影した有料版の象の子供とトラの赤ちゃんとの記念撮影の写真です。
PhuketFantasea_Elephant.jpg PhuketFantasea_Tiger.jpg

~1月3日ツアー最終日 プーケット陸編&帰国の途~

さてさて翌日はついにツアーの最終日。
デパートや近くの露店で、お土産などのショッピングへ出かけましたが、値切り交渉が相当楽しかったです!
youngチームは、トゥクトゥク(現地の乗り物、とてもリーズナブルです)を駆使して、ショッピングに飛び回ってました
2011010302.jpg 2011010303.jpg 2011010304.jpg
2011010305.jpg 2011010306.jpg 2011010307.jpg
2011010308.jpg 2011010309.jpg 2011010310.jpg

adultチームは徒歩の範囲内で買い物を済ませ、ゆったりランチ&マッサージなどを楽しみました
IMG_1052.jpg IMG_1053.jpg

ひととおり買い物が落ち着いたら、パッキング&入浴して帰国の途へ。
2011010311.jpg 2011010312.jpg 2011010313.jpg

ダイビング、キレイなビーチ、ショッピング・・・、ゲストの皆様、楽しんでいただけたでしょうか?
また次回、海でご一緒しましょう
参加の皆様、お疲れ様でした
&写真のご提供、ありがとうございました

P.S.
そうそう、行きがけプーケットでロストした小物の荷物、帰国の際に無事に受け取られ、帰りはしっかり預け荷物にinしてチェックインされましたヨ
                 
        

3月4日(金曜日) 本隊2日目、ダイビング9日目

2011/ 03/ 17
                 
本日はペリリュー島へ遠征です、当然のごとく我々だけのチャーターボートです

IMG_1195.jpg IMG_5903.jpg


お天気は快晴、波もなく最高です、ここ4~5日はあれだけ降っていた雨&シケが嘘のようなお天気です、。
ボートは快調にペリリュー島に向かいます。
IMG_5666.jpg IMG_5674.jpg



1本目
ペリリューコーナー
朝の1本目ですのでまだイレズミフエダイが産卵しているかもしれないと、どうせならばロウニンアジもと2匹のウサギならぬ、二匹の魚を狙って、いきなり激流流れるペリリューコーナーへエントリーしました。

お天気も良く日光が海中に放射状に降り注ぎます、深いブルーに染まった海中は澄んだクリアな水でして、透明度は50mを超えております
流れていない岸側からエントリー、エントリーと同時に沢山の魚が出迎えてくれます
IMG_5739.jpg IMG_5740.jpg IMG_5742.jpg IMG_5743.jpg IMG_5749.jpg


コーナー方面・南東側にドリフトします。


だんだんと進むにつれて流れが速くなってきます、皆さん必死に泳いでいますが(笑)、中々思うようには進んでいない様子、ちゅうか横に流されるばかりで私とガイドのダイスケの所に来ようと必死ですが全く進んでいません。

そうなんです、私とダイスケは潮を選んで流れのない沖側を泳いでいるのでホバリングだってできます、 他のみんなは流れに捕まってしまってもうダイビングどころではありません、結局1本目は20分で終了でした(笑)

でも私とガイドのダイスケ、アシスタントのアーニーの3名はちゃんとロウニンアジの大群は見ましたよ

休憩は港に入り上陸しますので船に弱いゲストでも、ペリリューまで遠征しても全く問題有りません。
2009年に来たときよりも岸壁が工事されて綺麗になってました
IMG_5736.jpg

ゲストの大原さんの希望でペリリュー島の島内巡りに行きました、といっても歩いて回れる距離です。
また、この為に日本からお線香、たばこ(昔の)、日本酒を持ち込んでいます。先の大戦でお亡くなりになられた英霊の皆様にお供えするために・・・・・・。

この様子は『nikiの言いたい放題』にてお伝えします。


2本目  イエローウォール
お昼近くになり、もう産卵は終わっているだろうと判断してポイントを決めました

エントリすると直ぐにイレズミフエダイに遭遇します。
masaki以外の参加者は、皆さん初めて遭遇するイレズミフエダイの大群です、私たちの前に立ちふさがるかの様に巨大な壁を作っています。

あまりの群れの大きさに皆さん夢中でカメラのシャッターを切ってます。

それではイレズミフエダイの凄まじい大群、じっくりとご覧ください
IMG_5925.jpg
エントリーすると直ぐ足下にもの凄い群れがあちこちに居ます、潜行しますとこんな感じです。
IMG_5704.jpg  IMG_5707.jpg  IMG_5692.jpg IMG_5696.jpg  IMG_5698.jpg  IMG_5702.jpg
如何でしょうか

今年のPALAUツアー、最大の目的でありました、『ペリリュー島遠征とイレズミフエダイの乱舞』ゲスト達とのお約束が守れて私も一安心です
尚、この様子はフルハイビジョン、最大画素にてバッチリビデオに納めております、エタブにて上映しておりますので是非ともご覧ください


3本目  タートルコーブ
1本目、2本目共に流れるのあるポイントでしたので、3本目はゆっくり潜りたいとのリクエストでここにしました。

IMG_5967.jpg
リーフの上の浅いポイントではモンツキカエルウオなどの小物と遊びながら、縦穴を潜行していきます。
IMG_5966.jpg  
IMG_5966_20110317160548.jpg IMG_5959.jpg IMG_5970.jpg IMG_5974.jpg

そして穴を横に移動すればウオールダイビングとなります。
IMG_5996.jpg IMG_5997.jpg


ここでは、嬉しいサプライズがありまして、何とマンタと遭遇してしまいました
しかもかなり大型のマンタでいた
IMG_5966_20110317161117.jpg


ペリリュー島からの帰りは、これも「行ったことな~い」とのリクエストで『ミルキーウエイ』にてしばし遊びしました。
813.jpg
ペリリューまで遠征した上に帰りはミルキーウエイによりましたので帰りはすっかり遅くなりました。

今夜の夕食はmasakiお気に入りの「九州居酒屋」、店主のコウさんのお人柄も凄く良くて、リーズナブルなお値段です、メッチャおいしいですよ、宿泊しているホテルから近いのもよろしいです。
IMG_0205.jpg


                 
        

3月3日(木曜日) 本隊初日 ダイビング8日目

2011/ 03/ 16
                 
Palaulogは全部出来ておりますし、logに写真を追加したりしていたのですが、ご承知のように東北太平洋沖大震災のために数日遠慮しておりました。

また本日から少しずつ追加していきます。

それでは先日からの続きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、本隊は定刻にてコロール到着しました、早速全員で食事に出た次第です、やっとじっちゃんと二人だけの食事から解放されました~(笑)

本日は8時のピックアップ、クルコンに着きますと今日からのガイド「ダイスケ」がお出迎えです。
エタブのパラオツアーは毎年のことなのでもう彼もなれたものでして、パラオ初参加のゲストに必要最小限な事だけを説明して早速乗船出港です。

出港すると今日のポイントはどうしますか?と、聞いてきますので、昨夜の食事の時に今回パラオ初参加のちろちゃんに何かリクエストは有りますかと聞きましたら、

ブルーホール
ブルーコーナーに行きたいのです~
とのリクエストが有りましたので、早速1本目はブルーホールにと申しました。

1本目  ブルーホール
本日のお天気は快晴、波もありません、清々しいお天気です。
エントリーして横穴からホール内に進入です、透明度もまずまずでして、真上に空いている穴から柔らかな日差しがホール内にシャワーのように注ぎ込みます、何度見ても素晴らしい光景です

流れもなく初日1本目のチェックダイブには最高の場所ですね、ゆっくり、じっくり50分のダイビングでした。
IMG_1071.jpg IMG_1060.jpg IMG_1058.jpg IMG_1074.jpg



2本目  ブルーコーナー
これもリクエスト通りのポイントです、流れを期待してエントリーしました。
エントリーすると、どっちつかずの流れ、コーナーの突端方面へと移動します、流れは有りませんがやっぱりここブルーコーナーの魚影は桁違いです、ダイバーなら一度は行ってみなさいと言われるポイントだと言われるのも納得です。
バラクーダ、ギンガメアジ、マダラタルミなど何処を見ても群れ、群れ、群れ、巨大なナポレオンや鮫、GTなどが悠々と通り過ぎていきます。
IMG_1090.jpg IMG_1096.jpg IMG_1102.jpg IMG_1104.jpg IMG_1105.jpg IMG_1106.jpg IMG_1108.jpg IMG_1109.jpg IMG_1110.jpg IMG_1120.jpg IMG_5534.jpg IMG_5630.jpg IMG_5650.jpg IMG_1160.jpg IMG_5640.jpg IMG_5642.jpg


ですが、ここで事件発生です。
事件の詳細はエタブMLに投稿しましたlog通りです(笑)、ご本人のたっての希望と名誉を守るために不特定多数がみれるこのlogでは削除いたします、1っこ貸しにしておきます。

本人の名誉のために名前は伏せておきますが、反省文を書きなさいと伝えると共に、この後のダイビングはずっとこのネタで虐めたのは言うまでもありません(笑)


3本目  ジャーマンチャネル

ここも、「マンタを見たと事がまだ無いのです~~~」という
ちろちゃんのリクエストでエントリー。

潮も丁度上げ潮に変わっており絶好の条件です。

IMG_1173.jpg IMG_1184.jpg IMG_5658.jpg IMG_1185.jpg IMG_1189.jpg IMG_5663.jpg


巨大なメアジの固まりに、アタックする鮫やGT、ナポレオンなどダイナミックな海中でした、勿論ちひろちゃんお目当てのマンタも見れましたよ。
ただ、新月の大潮と重なっておりゴマモンガラやキヘリモンガラが産卵しており、殺気だっておりまして超やる気満々です、近くを通るダイバーに盛んに攻撃を仕掛けております、用心しなければなりません。

初日のダイビングは無事に?終了しました。

昨日までは1日分のlogを毎日エタブMLに流していたのですが、本隊到着後は皆さんのお世話や、町の案内など色々やらなければならないことが有りまして、logを作る時間が取れそうにありません。

                 
        

Palauツアー 3月2日(木曜日) ダイビング7日目

2011/ 03/ 11
                 
昨夜は今日の早朝出し、6時ピックアップに備えて20時頃には寝ました。
ところがところが、本日の出発備えて博多前泊していたメンバー達全員そろって前夜祭をしていたらしく、22時過ぎ頃ベロンベロンに酔っぱらって電話してきました
aDSC_0034.jpg aDSC_0035.jpg



ともみちゃんなんか何をしゃべっているのか全く理解不能でしたよ

空も僅かに明るくなった6時ジャスト、お迎えが来ました
ショップに着くと直ぐに出港です、柔らかな朝日を浴びてベタ凪の海をボートは走ります、今日も良いお天気です
IMG_5675.jpg


本当に先日までの大雨とシケが嘘のようです

結果から申しますと
本日予定の3ダイブ、そのすべてを『Peleliu express』にて潜りました、だってそのために今回のツアーは来ているのだし、3本とも激流走るPeleliu expressでダイビング出来るなんて1年にたった1回しかpalauに来ない私たちに早々チャンスが分け有りませんからね。

1本目  
朝に産卵するイレズミフエダイ、その産卵を見たが為に早起きしてやってきました。
しかしながら、この1本目イレズミフエダイは集結しているものの産卵は、ポツリポツリみたいな感じで、不完全燃焼の1本でした(ちょっと贅沢なのかもしれません)
IMG_5686.jpg
写真はチョット距離がありますね

これは如何でしょう
IMG_5810.jpg  IMG_5812.jpg  IMG_5813.jpg



2本目
潮は更に速くなっており期待が持てます、1本目と同じコースでドリフトしていると、先ほどより浅いところにイレズミフエダイが集結してきており、産卵が始まってます

IMG_5733.jpg  IMG_5730.jpg  IMG_5705.jpg


雌が勢いよく上に泳ぎ放卵すると、追従して多数の雄が放精しています、雄の放精したところは、煙幕みたいに白く濁ってます、あっちでもコチでも辺り一面で産卵が始まってます。
IMG_5849.jpg  IMG_5848.jpg  IMG_5850.jpg
素晴らしい~、素晴らしい光景です

太平洋に浮かぶ小さな島、ペリリュー島、ポイントは激流流れる Peleliu express
その水深32mの海中に今私は居ます。

ここで何百年、何千年?と繰り返されてきた命の営み 、それを我々は間近に見ているのです、水族館でもない、TVも映画でもありません、直接この目で見ているのです。

誰でもない、これは我々ダイバーだけに許された特権なのです

産卵のために集結しているイレズミフエダイを狙って多数の大型のサメも集結しております、普通なら逃げるのでしょうが、産卵という目的に為に逃げもしません、サメに襲われても残ったものが産卵できればいいとサメなど全く無視しているようです

種を守るため、子孫を少しでも多く残そうとイレズミフエダイは必死です。

素晴らしい、超感動の1本でした
(スミマセン、私の国語力が乏しいために表現しきれなくて


3本目
午後になりました、もうイレズミフエダイの産卵は終わってます。
ですがもう一つお目当て、ロウニンアジを求めてペリリューコーナーギリギリの所まで流そうとエントリー。

実はこの3本目、あまりの潮の速さと(3本目は更に潮が早いとガイド達が脅したのです・笑)、ダウンカレントに、そして水深の深さ(1本目、2本目ともに最大震度は40m~35mほどです)にびびった、同船の他のゲスト全員から、最後はゆっくりのんびりダイビングがしたいとリクエストが合ったのですが、私1人がワガママを言わせていただきました、せっかくペリリューまで来たのに、これくらいの流れで諦めてなるものかと!(笑)

エントリーしてしばらく流れていますと、2本目にイレズミフエダイの大群が産卵していたポイントに来ましたが予想取り産卵は終わっており影も形も有りません。

潮は更に速くなりレギュから出る泡は真横に流れ出しています、nikiが先頭ガイド達は後ろから来ています、そしてあと少しでコーナーの突端付近だと思っていたときに現れました、ロウニンアジの大群です。
IMG_5877.jpg  IMG_5865.jpg  IMG_5876.jpg  IMG_5867.jpg






これは、言葉では表現しようがありません、単体で行動し、決して群れないロウニンアジがここでは群で居るのですよ。
私が知る限り世界中何処に行っても余所ではこの光景を見る事は出来ないと思います。

本日のダイビングは充実、感動の3ダイブでした。


お天気が良く、日陰にしか居なかったのですが今日は日焼けしてしまいました

先日までのお日様なんて何日も全く見ない豪雨、カミナリ、大しけが嘘のようです。
あんなに頭にきていた悪天候でしたが、この2日間は時々10分ほど降るスコールが嬉しくさえあり、パラオ・南の島らしさを肌で感じさせてくれます。

20時になったら、本隊のお出迎えに空港に行ってきます。

いよいよ明日からはeternalblueの超ワガママ、palauツアーの開始です!、ゲストの皆さんをどのようなパラオの海が待っているのでしょうか?
多分、波瀾万丈のダイビングになるであろう、明日からのpalaulog、期待してください。

                 
        

3月1日  3月1日(火曜日)  ダイビング6日目 

2011/ 03/ 11
                 
お天気は晴れ、みなさん晴れですよ~~~!(嬉)しかも風もありません。

8時のピックアップで出かけます。

実は昨日、ダイビングから戻ってきてからちょいとしたゴタゴタが有りました
これまでのパターンだと私が先に切れて、ま~ま~落ち着いてと、じっちゃんがなだめにかかり、落としどころを探るというパタ~ンなのですが、昨日はじっちゃんが私より先に切れまして、いつもとは反対に、「ま~ま~じっちゃん」と私がなだめた次第です(苦笑)

気を取り直して今日もダイビングに出発です

空はピーカンの素晴らしいお天気、南国の太陽がまぶしいくらいに輝いてます、海はマリンブルーに染まり気分はイヤでも盛り上がります。

そして本日の行き先はペリリュー島です
今回のパラオツアーはこの為だけに来たと申しましても言い過ぎでは有りません


1本目 ペリリュー島 イエローウォール
下げ潮に乗ってのエントリー、でも潮は動いていませんちゅうか、まだ少しだけ上げ潮が動いています、僅かなアゲインストです。
エントリーして直ぐに、居ました居ました!、予想通りイレズミフエダイの大群があっちにもこっちのも群れをなしてます。何千、イヤ、何万匹居るのでしょうか?

流れに逆らいながらも出来るだけ接近して撮りたいのでガイド達と協力して追い込みます、私は下に潜り込まれないようにもっとも深いところを担当しました。

いや~素晴らしい眺めです、やっぱり最高です

ばっちり写真に納めましたよ!、本隊到着後はmasakiがビデオを持ってきてくれていますのでこの光景をフルハイビジョンで撮ります、楽しみにしておいてください。

ただ、イレズミフエダイの群れは沢山いますが、もの凄かった2009年と比べるとまだまだniki的には物足りない数でして、今は新月に向けて集結している途中でして、最も期待が持てるのは月齢的に申しますと3月4日、5日です、本隊がペリリュー島を予定しておりますのがこの4日、5日でして、ゲストの皆様には最高の海をご案内出来ることを確信しました、本日の1本目でした。

また、ここのバラクーダはブルーコーナーに群れているバラクーダと比べるとその1匹1匹の個体が何倍も大きくてこれも見応えがあります。


2本目 ペリリュー島 ペリリューカット→ペリリューコーナー

ここペリリュー島でのはダイビングイレズミフエダイともう一つのお楽しみ、ロウニンアジ(GT)の群れです、それを狙ってカット→コーナーへのドリフトします。
エントリーするとそこそこ流れていました。
下には軽く100kを超えているハタが沢山います。

北田先生をここに連れてくるならば泣いて喜ぶに違い有りません(笑)、小型のハタ(それでも2~30kはある)入れるならもの凄い数のハタの群れです。

そんなのを眺めながらドリフトしていきますと、コーナーに近づくにつれだんだんと流れが速く、アクセル全開の加速状態になっていきます、そしてやってきました ダウンカレント
真っ先に捕まったのが他の女性ゲスト2名とじっちゃんでした、ガイドとアシスタント2名があわててつかまえに行きます。

我々が吐く泡が上に上がらずに真横に流れ、そして深い深い青色の水底へと吸い込まれていきます。
誰もがイヤがるダウンカレントですが、実は私好きなのですよ、だって自然の中で潜ってる~~~って気がするでしょう、流れも何もないポイントよりは遙かにおもしろいですよね
そして深く深く吸い込まれていく泡、私この光景はマジで大好きなのですよ、ばっちり写真に納めています

そしてお目当てのロウニンアジですが、やはり出ましたよ~、ただ今回は深いです、私が見た推定ですが群れている深度は60mくらいだと思います、ダウンカレントの中をゆうゆうと泳いでします、深すぎ、遠すぎで私のコンデジでは写真が撮れませんでしたが、見れただけでも良かったです、本隊と来るペリリュー島では必ずやこのロウニンアジを写真とビデオに撮りたいと思っております。

2本目も超充実したダイビングでした。


3本目 タートルコーブ

本日の3本目は、2本目のダウンカレントでビビッた(爆)、他のゲスト(4名)の「最後はのんびり出来る所にしてください」とのリクエストでペリリュー島を離れました。

潮は更に速くなっているだろうし、ガイドのダイスケが「nikiどうしますか?」と聞いてきましたので、こっちにはじっちゃんもいるから他のゲストの希望通りで良いよと申しまして、後ろ髪を引かれる思いで(髪は有りませんが・爆笑・いわれる前に自分で言っておきます!)ペリリュー島を後にしました。

モンツキカエルウオ、やニチリンダテハゼなどを撮りながらじっくりゆっくりのダイビングでした、3本目は最大深度は34mまで行ったのですが、55分潜っても残圧は120有りました。

今夜は星が沢山出ていますよ!、南の島の星が降ってきそうに輝いています。
明日は6時ピックアップでまたペリリュー島に行ってきます!、早起きの理由はイレズミフエダイの産卵、放卵シーンと、放精シーンを見るためです。

お天気も最高のようですので楽しんできます。

                 
        

Palauツアー 2月28日(月曜日) ダイビング5日目

2011/ 03/ 11
                 
本日の天候はやっぱり雨です(苦笑)、昨日の雲一つ無いお天気が嘘のようです。
ですが、風はないです凪いでます。
お天気だけはぶつくさ言っても仕方がないので、昨日みたいに後から晴天になるのを願いましてホテルを出発、出港する頃は雨は止みました。

1本目  ビッグドロップオフ
緩やかな上げ潮の中を心地よくドリフト、巨大なブラックフィンバラクーダの群れなど見れました、やっぱりここパラオは汐が動けばすばらしい魚影ですね!
透明度も良好でして50mほどは抜けていました。


2本目 ブルーコーナー
2011年のパラオツアーは連休に搦めてとか、お休みの都合ではなく新月をねらった汐でツアー日程を決めました、本隊到着は下り汐、最高の汐だと思います。
昨日はダイビングお休みしましたので、一昨日のブルーコーナーは汐が動き出し、魚影もまとまりだしたように感じていたのですが、本日のブルーコーナーは怒濤の流れでした。

汐が来る正面を向くか、汐を背にしていなければならず、横を向くとマスクはズレ、レギュはしっかり咥えているにもかかわらず外れそうになるくらいに流れてました。
当然のごとく、魚も沢山でして、カレントフックを掛けてまっていると、鮫なんかもさわれるくらいに近づいてきました。
やっぱり、これくらい流れてくれるとエキサイトしておもしろいですね!
充実した、楽しめた1本でした。

3本目  ジャーマンチャネル

マンタ出ました!

でもこれは、バリ島の巨大マンタ多数の乱舞を見た後では、どうでも良かったです(笑)

昨年の夏休みツアーのバリ島、20匹以上の捕食のために乱舞する巨大マンタと1時間以上遊んだ、江崎夫妻や武下さんならばジャーマンのマンタは小さすぎて「あれはエイですかと?」言うかもしれません???(爆)

ただ、上げ潮でエントリーしましたので、透明度もよく、ガイドはマンタマンタとうるさいくらいに言ってましたが、私達にはマンタ以外の魚も沢山でしたし、巨大なメアジ玉にアタックするGTや鮫がおもしろかったです。


明日も8時ピックアップです、どんな海が待ってるのでしょうか?
本隊はいよいよ明日出発です!、別にじっちゃんに不満があるわけでは無いのですが(笑)、本隊到着が非常に待ち遠しいnikiです。
                 
        

Palauツアー  2月27日(日曜日) ダイビング4日目

2011/ 03/ 11
                 
天候は凄まじい豪雨です!!!、いや~参りました。
マジでPalauに来て1回も太陽を見ていないのです、今日は昨日までより1時間早い8時にお迎えです。
とりあえず、迎えの車でクルコンに行きましたが、全く気分が盛り上がらず、ちゅうか潜りたくないのです(苦笑)
そこで、じっちゃんからの提案

今日はパスしよう~!

niki了解!!!(笑)

丁度外にクルコンオーナーの橋本氏がいたので、ドタキャンだが今日のダイビングはパスしても良いかと聞くと快く、OKだとの返事をもらったので、弁当だけもらってホテルに戻ってきました。

そして、このlog作っております。

ちなみに現時間は11時30分ですが、外は晴れて太陽が出ています、風も朝よりは穏やかになってます。
私とじっちゃんがダイビングパスしたら太陽が出て凪になりました。。。


本日の夕食は、Palauにて知り合いました、名古屋からいらしている方と中華を食べに行ってきます。
                 
        

Palauツアー  2月26日(土曜日) ダイビング3日目

2011/ 03/ 11
                 
昨夜、ホテル横に落ちたカミナリの為か?、ネットも携帯も全く不通となりましたが、やっと回復。
本日の天候は、やっぱり雨、風は昨日と同じくらい 、Palauに到着して4日が過ぎようとしておりますがまだ1回も、太陽を見ておりません

本日もブルーコーナーにて2ダイブ
1本目は、することないのでガイドのAYUMIちゃんに「虎の穴」へのリクエストをして、私のがらにもなく?ヘルフリッチなどを撮ってみました(笑)

2本目もやっぱりブルーコーナーでしたが、潮が少しずつ動き出したようでして、魚影がだんだんとまとまってきたようです、明日が楽しみ?

本日も2本で終わりにしました。

夕飯は、雨で出たくなかったので二人で部屋にてカップラーメンで済ませました。

ちなみにじっちゃんと私のこれまでの1日の生活は
9時ホテルピックアップ、クルコンへ→ダイビングが終わりホテルへ帰るのが15時頃→その後シャワーを浴びてビールを飲んでお昼寝タイム→お昼寝から起きるのが19時頃→夕飯から帰ってくるのが20時頃→21時就寝→4時起床→7時朝食→9時クルコンお迎え、この繰り返しです。

どうですか、健全な生活でしょう?(爆笑)
                 
        

Palauツアー  2月25日(金曜日) ダイビング2日目

2011/ 03/ 10
                 
天候は雨時々豪雨、そしてカミナリ(泣)
ただ、風は凪いでまして、ブルーコーナー方面へ出かけます。

ブルーコーナーで2ダイブしました、やはりこの日も3ダイブを予定していたのですが3本目は止めにしました。

気温29℃、水温30℃、透明度30mほど

夕飯 
ペントハウス前にあります「九州居酒屋」 店主のコウさん、フロアは相変わらず1人でこなしており、汗だくで忙しそうに働いてました(笑)

                 
        

Palauツアー  2月24日(木曜日) ダイビング1日目 

2011/ 03/ 10
                 
天候は雨、しかもかなり強く降り、更には風がとんでないくらいに吹き荒れています。
結局この日は、ゲロン・インサイド、ゲロン・アウトサイドの2ダイブをしました、3ダイブを予定していたのですが、全く潜る気分になりませんでしたので2本で終わりにしました。

この日の夕飯は予定通り?ペントハウス1Fレストランの『Tボーンステーキ』でした。

気温30℃、水温29~30℃  透明度???(笑)

写真はカメラを持って潜りませんでしたので・・・・・。。。
(忘れた訳じゃないですよ!、持って潜る気分にならなかっただけです)
                 
        

Palauツアー  出発日 2月23日(水曜日)

2011/ 03/ 10
                 
福岡空港国際線より、ケンスケのインド行きお見送りに来ていた、きゅうりと翔太のついでの?お見送りを受け(笑)、出発しました。

今回のPalau行きですが、じっちゃんと私だけはこれまでのPalauツアー最長の2週間の滞在となります(本隊は3月2日から6日間の行程です)

なぜにこんなに長いかと申しますと、今回も私はチケットを貯まりにたまっているマイレージで取ったので(毎年私はマイレージでチケットを取ります)
この出発日しか空いている日程が無かったからです。

私はマイレージが余るほど有ったのですが、じっちゃんは昨年のPalauツアーでマイレージはほとんど使い切っていたのでほとんど残っていませんでした。

そこでmasakiのコンチネンタルのマイレージ口座から必要分だけじっちゃんのマイレージ口座に移して今回のチケットを確保しました、しかもどうせならとビジネスクラスにしました(笑)
コンチネンタル航空はこんなやりとりが出来るのでよろしいですね~~~

コンチネンタル航空リゾートシャトル便にて出国です

グアムを経由して、21時頃コロール到着です。

                 
        

Palauツアー出発前夜祭?

2011/ 03/ 10
                 
2月22日 Palau出発のために博多に前泊、お相手は毎度同じ鹿児島のじっちゃん

しかしながら博多前泊の為にじっちゃんから申し渡されたリクエストは、
「あんたと二人だけで夕飯なんか食べたくない!、だれか夕飯に声かけておいてよ、でも男はダメよ!、女性じゃないと!」とんでもないこと言う、じじいである(笑)

でも、言うこと聞いておかないとツアー中ずっと、ことある事にぶつぶつ言われるので仰せの通りにしました。

ただじっちゃんと面識がないとダメなので、そこで福岡在住者で私が選んだのは、
昨年夏休みタオ島ツアーにご一緒した、奈美ちゃん
それと、アキミホ、あゆみ、きゅうり、マリア、ゆうの女子大生4人組

夕飯は中州の焼き肉屋でしたが、女の子6名に囲まれて超ご機嫌のじっちゃんでした。
ただ、この焼き肉、じっちゃんの全額おごりだった約束だったのですが、
支払いの時に半分弱ほどは私が払わされました(やっぱり・泣)