FC2ブログ
        

OW講習@大崎

2014/ 06/ 29
                 
こんにちは、masakiです。
昨日に引き続き、今日も大崎にOW講習に行ってきました

今日の講習生は、シニアの方で来月行かれる沖縄でダイバーデビューされる予定とのことで、それに向けての受講でした。
10441168_243911009135766_57247367763572402_n.jpg 10341450_243910985802435_2636531884262910753_n.jpg
このところ、シニアの方々の受講や問い合わせも増えていますが、基本マンツーマンで対応しています(^^)/

IMG_4169.jpg IMG_4168.jpg IMG_4204.jpg
前回までの講習とは違い、だいぶ水にも慣れてこられたのか、落ち着いてこなされていました。
写真のミノカサゴの手前にミニヒラメ(写真にも写ってるんですが、わかりにくいですね・・・)がいたのですが、狙われて捕食されているところなど、お魚ウォッチングするまですこしずつ余裕が出てこられたようです。
IMG_4152.jpg IMG_4156.jpg IMG_4198.jpg

IMG_4180.jpg IMG_4161.jpg
講習生のOさん、お疲れさまでした!
次回の講習も頑張って下さい
                 
        

6月28日 OW講習@大崎

2014/ 06/ 28
                 
こんばんは、masakiです
今日も、OW講習で大崎へ行ってきました

平日は複数の講習生でも、ほとんどマンツーマンの実施のため、なかなか写真が貼れないのですが、今回は横でパチパチ撮ってきました
まずはブリーフィング。
IMG_4022.jpg IMG_4023.jpg IMG_4091.jpg

まだまだ水温は夏モードではありませんでしたが、水中の生き物たちは夏モードに突入しつつあるようです
IMG_4026.jpg IMG_4043_201406281957488ec.jpg IMG_4047.jpg
IMG_4070.jpg IMG_4105.jpg IMG_4074.jpg

講習生も頑張ってましたよ~
IMG_4088.jpg IMG_4077_2014062819590708e.jpg IMG_4114.jpg

eternal blueの講習は、ただスキルをこなすだけだと「楽しくない講習」になってしまうので、「海の中も楽しみながら」実施しています。いろんな生き物を探しながらのOW講習でした。
講習生も「こんなとこに、タツノオトシゴとかいるんですね~!!」と喜んで頂けながらの余裕の講習でした
IMG_4123.jpg IMG_4128_201406282002596e3.jpg IMG_4099_2014062820022780d.jpg
IMG_4086.jpg

なぜか、カサゴが共食いしてました
IMG_4102.jpg

講習生のKさん、お疲れさまでした
次回、来週の講習も頑張って下さい
                 
        

晴れ女のパワー炸裂!、高麗曽根

2014/ 06/ 14
                 
今度こそ行ってきました高麗曽根

天気予報を信じて?、5時に出航しました、佐世保から高麗曽根までは1時間30分の航海です。
今日は午前中より午後と遅くなればなるほど凪って予報を信じて
結果はというとこんな感じ、波は大したこと無かったですが、うねりは大きかったですよ
IMG_2435_edited-1_20140614195903abd.jpg IMG_2436_edited-1_20140614195902286.jpg IMG_2440_2014061419590265a.jpg IMG_2461_20140614195901a8c.jpg IMG_2463_edited-1_2014061419590051d.jpg


そして水中です、お目当ての産卵石鯛の集結はまだまだって感じでしたが、それでもこんな感じで乱舞してました
IMG_2443_edited-1.jpgIMG_2476_edited-1.jpgIMG_2474_edited-1.jpgIMG_2444_edited-1.jpgIMG_2472_edited-1.jpgIMG_2473_edited-1.jpg

今回の超晴れ女は『naoko』でした、そして見事高麗曽根で200本の記念ダイブを迎えた次第です
IMG_2466_edited-1.jpgIMG_2462_201406142014199b3.jpgIMG_2464_edited-1_201406142014185e2.jpgIMG_2465_edited-1.jpg
naokoは昨年末のエタブ忘年会にて「男女群島無料券」が当たったのですが、今年は日程的に行けないかもしれないと、今回の高麗曽根で無料券を使おうとしていたのですが、帰港後に余計な事言う(笑)おじさま達から、高麗曽根に使うなんて勿体ない!、来週の男女群島ツアーに来ればいいやん!!!」と説得されてました(笑)

本人は来週末は仕事が入っていると迷っているようでしたが果たしてどうなるか???

参加された皆様お疲れ様でしたm(_ _)m



 


                 
        

2014年6月7日~8日 男女群島&高麗曽根!?(^^;)

2014/ 06/ 10
                 
おはようございますm(_ _)m
一昨日帰ってきました、男女群島&高麗曽根LOGです、まずは写真からごらんください
aIMG_2432.jpg aIMG_2417_edited-1.jpg aIMG_2433_edited-1.jpg

お出しできる水中写真はこんなものでしょうか?、私がマクロをすればもっと写真があるのでしょうが!?、そんなのは絶対に無理ですし(爆笑)、それに男女群島や高麗曽根まで行ってマクロってのもですね
20kのカンパチの群れなど先月撮ったお出しできる写真は有るのですが、やっぱり事実は事実として自然を相手にする遊びですから、良かったときは良かった、良くなかったときはダメでしたとちゃんとお伝えするのが私の役目だと思っております
釣りに行って毎回毎回大漁って事など有るはずもなく、反対にそんなLOGほど怪しいですよね?(笑)


あと、お出しできるのはフェイスブックにUPしたここくらいでしょうか?(スミマセン)
20140607_152105_edited-1.jpg 20140607_053147_edited-1.jpg

男女群島は海峡さえ渡ってしまえば、余程のことがない限りダイビングはどうにかなります、もっともその海峡を渡れるかが問題なのですが・・・・。
1級ポイントは無理ですが、そこそこは楽しめます

8日(日曜日)、宿泊した鶴屋さんがあります若松島神部(こうべ)の港を出港して若松瀬戸に出ます、ここから舵を右に斬るか左に斬るかで 何処に行くかが決まるのですが、ゲスト全員の希望はやっぱりこの時期は『高麗曽根』です、その為に来てると行っても言い過ぎじゃないです。
イチかバチか舵を左に切って若松瀬戸を抜け、船首を高麗曽根に向けます!、通常ですとここから3~40分で高麗曽根到着なのですが、波とうねりのためにこの日は1時間近くかかってしまいました。
このシケの中、漁船は沢山います、大きなうねりと3m近い波、これではとてもとてもダイビングは出来ません、壺ガ瀬灯台まで戻ろうかとも思いましたが、「このシケの中高麗まで来てもらっただけでも十分です、安全が第一今日は止めにして帰りましょう」とゲストの皆様に言っていただきまして(ありがとうございますm(_ _)m)、帰ってきた次第です。

今年の高麗曽根、水温の上昇が遅い為に石鯛の集結は遅れておりますので、まだまだ今月いっぱいくらいは?楽しめるはずです、お天気さえよければどうにかなるのですが

お天気だけはどうにもなりません

ちゅうことで、期待させましたが?、この週末はシケでどうにもなりませんでしたって事でお許しくださいm(_ _)m
3mもの波があるのに、1mとの予報を出す測候所(気象庁?)の予報官殺してやりたいです(笑)、先月から今月にかけてもう3回も遣られてます

今度波1mの予報で高麗にいくときは予報官も乗っけて行こうと思います(爆笑)(^^)/

niki、明日から3連チャンで講習、限定で浅~~~い海で頑張ります



                 
        

2014年5月22日~23日 男女群島&高麗曽根

2014/ 06/ 09
                 
GWサムイ島のLOGをまだUPしてませんので、LOGが前後しますがお許しくださいm(_ _)m、サムイ島は写真が多すぎてもう少し先になりそうです

先月末頃に行きました、男女群島&高麗曽根のLOGです、FACEBOOKにて少しだけお知らせしておりましたが、天気予報の波1mと言うのを信じて行ってきましたが、実際に行ってみると1mどころか3mを超える大波でして、男女群島&五島列島間の往復、舵をとりながら「気象庁の予報官、ぶっ殺してやる~!」と思った次第です(笑)
男女群島許可の大型船ですからこんな航海も可能なのですよね、決して無理してるのではありませんよ、経験と実績にて判断して行ってます

男女群島に到着して風裏にはいるとこんな状態でして、ゆっくりダイビングできます。
IMG_2341.jpg  IMG_2340.jpg


水中はこんな感じです、あまり透明度は良くありませんで、20mくらいでしょうか?、水温は22℃前後
IMG_2351.jpg IMG_2354.jpg IMG_2358.jpg

この日の宿は今期初予約の若松島、「鶴屋」さんでした。(しばらくお休みされてました)
IMG_2367.jpg
此所の料理もすごく美味しいですし、品数&量ともにすごく多くて私たちでも食べきれないくらいです。

そしてやっぱりこの時期だけ特別な場所といえば五島列島の北西に位置する『高麗曽根』ですよね、年に一度だけこの時期だけ見られる産卵石鯛の集結、その素晴らしさはどんな言葉でも表現出来ず(スミマセン、文書力なくって・笑)、この時期に行った者だけが味わえる想像を超えた世界(水中)です。
言い換えるとこの時期に行かなくて何時高麗に行くんだ!!!って感じでして、エターナルブルーではこの時期だけ高麗曽根にアタックします
ただ、周りには何にもなく天候に大きく左右されやすく、場所が場所だけに男女群島より行きにくいですよね

今期は水温の上昇が遅かった為にか?、集結はまだまだ初期の段階でした、とりあえず写真を見てください。
IMG_2374_edited-1.jpg IMG_2375_edited-1.jpg
全部石鯛です
しかしながらこんな物ではなくて、最盛期には水中の浅いところ、そうですね、水深~6mから、15m前後の浅場が夜店の金魚すくい状態になります、右を見ても左を見ても、上を向いても下を見ても何処もかしこも石鯛だらけ、穴の中をライトで照らすと、そこはもう石鯛がしこたま入ってますよ

素晴らしいの一言です、私の予想では今月終わり頃、28日が新月ですのでこの辺がピークだと予想します、何千何万匹もの石鯛になるはずです。
産卵が終わるとあれだけ居た石鯛はいったい何処に行ったの???、って状態となります。
この時期の高麗曽根、私の店エターナルブルーで無くてもよろしいですから、是非行ってみてください!
五島列島にも高麗曽根をご案内出来るダイブショップ様がありますから!、高麗曽根の素晴らしさをアピールして沢山のゲストに来ていただくことがダイビングの裾野を広げ、長崎県のダイビング業界全体の為だと私は思います。

そして、実は昨日あの大時化の中を高麗曽根まで行ってきました、それくらいの魅力がこの時期はあるのです。
結果は今夜か明日UPするLOGに期待してく?ださい