FC2ブログ
        

2016年11月17日~23日 チューク(トラック)ツアー

2016/ 11/ 30
                 
チュークツアーを始めたいと思うのですが、何度も何度もLOGを書いてますので、読まれる皆様も飽きてこられてるのでは?と思いますので、時系列ではなく思いつくまま写真ごとにご紹介していこうと思います。
また、今回も写真と動画が大量にございます、容量の関係で少ししかご紹介できませんが、お店にて常時放映してますので見に来てください

それでは、始めます。

ミクロネシア連邦は、ヤップ、チューク、ポンペイ、コスラエの4つで構成されており、首都はポンペイ、国旗はブルーに☆4つ
th.jpg
nikiはこれらの島は全部行きました、その先のマーシャル諸島までもいってます
感じることはチュークが一番さびれてる?笑、日本統治時代には日本人街は勿論の事、料亭までありにぎわってたらしいですが・・・

チュークツアー、今回利用したホテルは「トラックストップホテル」初めて利用しましたが、近くに商店やスーパーなどがあり便利です、そして2年ぶりに来ましたが、なんと2年前にはつながらなかった日本の携帯電話がつながるのですよ、これは助かりますね。
IMG_0254.jpg
これがホテルの正面です
IMG_0251_20161202150100797.jpg
2階の一番右側が私の下手でした。

IMG_0250_20161202150058779.jpg

IMG_0252_20161202150058bb6.jpg
上がホテルを出て左側、下がホテルを出て右側
IMG_0253.jpg
私が知る限り、空港付近を除き、この辺がモエン島(春島)で最も繁華街だと思います

お世話になりますサービスは「トレジャーズ」初めて来たときからずっと利用させていただいてます。
ガイドは
IMG_0049_2016120215150114b.jpg
umiちゃん
PB180037.jpg
老眼の俺への気使いでしょうか?笑、大きなボードを持ってガイドしてくれてます

そして圭介さん
PB210691_20161202152353611.jpg
PB210642.jpg
PB210641.jpg
PB210635.jpg
PB200471.jpg
二人ともテクニカルやってからサイドマウントに変更したみたいですね。

チュークでのダイビング、基本的にリーフ内ならばポイントは近く、10分~20分で着きます。
スケジュールは朝8:30分頃ホテル前の桟橋から出航
IMG_2756.jpg
ここからです
3ダイブしてホテルに戻ってくるのが大体15時ころです。
で、私が何が言いたいかと申しますと、チュークツアーは基本的に

1人が大好き

1人じゃないと嫌だ

こういう方々以外は絶対に一人ではいかない方が良いと思います!、私みたいに基本的に寂しがり屋は、誰か道ずれを見つけて行かないと、15時にダイビングが終わってホテルに戻ってから、な~~~~~~~~~~~~んにも、することがありません
アフターダイブが全くないのですから、ホテルを出ても草むらと、穴の開いた道だけです笑

もしも俺が一人で行ったら、話し相手もなく寂しくて寂しくて、滞在中に鬱病になってしまいます爆笑

そしてエターナルブルー恒例の海外ツアーでのトラブル、過去にこの路線では「行きは良い良い、帰りは恐い」でまともに帰ってきたことはありません、バードストライク、悪天候で飛行機が来なくて延泊しましたが、今回はまともに行っては帰ってきたのですが、

中野君の荷物が届かない、せっかくこのツアーの為に新品購入したライトをサンフランシスコ丸に寄付?笑

ともみちゃんは初日の1本目、エントリーして10分もたたずにカメラが水没、さよなら~、その後はずっと私のカメラを使ってました(まだ、レンタル料金貰ってない・笑

masakiはチュークでにダイビングに欠かせないライトの電池を入れ忘れ、そして電池は入れたが結局ライトの故障で使えない
と、トラブルなかったのは私だけでした。

アドバイスとしては、このミクロネシア行きの、リゾートシャトル便を利用するときは、最低必要な身の回り品は、預け荷物にせずに、もしものロストを考えて機内持ち込みにすることです、これ女性はめんどくさがらずに必ずやった方が良いですよ。
過去には私の荷物もロストされ、荷物が届いたのは4日後、チュークを帰る前日でした、私の荷物はハワイまで行ってから、戻ってきたのでした。
でも、これが私の荷物でよかったですよ!、もしも女性ゲストの荷物だったら?と考えるとゾッとしますよ

前置きが長くなりましたが、いよいよダイビングです
今回は4日間のダイビングで全11ダイブでした
ポイントは順番に

神国丸  ともみちゃんのカメラ水没


山霧丸

伊169潜水艦  masaki1000本記念ダイブ

乾祥丸

二式大艇

桑港丸  中野君、ライトロスト

富士川丸

一式陸攻

平安丸

2式水戦

シャークアイランド

では、写真ですが全部はUPできませんので間引きして少しだけ!、写真は動画と同じでお店で常時見れますので遊びが寺見に来て、チュークのマニアックな私の話を聞いてください!笑

IMG_0031.jpg
2式大艇、なんか取ってつけたような?不自然な2ショットですね?
いや、違いました!。新婚カップルみたいな2ショットですね

IMG_0040_20161203094053387.jpg
伊169潜水艦の、後部ハッチ、私にとっては非常に興味深い船です
このハッチから侵入するのですが、船は三層構造になってるのでしょうか?、入ってすぐに前夫側にもハッチがありまして、向こうから私をおいで、おいでと私を呼んでる気がして無性に前方方向に行きたい衝動に駆られます!、ですが今回は後方だけだと、ガイドの圭介さんからきつく?笑、言われてますので後方に行きました。
内部は30分ほどの動画がありましてメッチャ興味深いです、アダルトDVDよりも興奮しますよ
来年行った時は、我儘なお願いして前部に行こうと考えてます

IMG_0098_20161203094052090.jpg
エンジンルームにありました予備のピストン

IMG_0194_201612030940510ed.jpg
富士川丸内にありました魚雷、平安丸にあります魚雷と比べるとすごく小さいですので、航空魚雷か駆逐艦から発射する魚雷ではないでしょうか?、同じような魚雷をパラオはペリリュー島の資料館で見たことがあります。

IMG_0279.jpg
IMG_0284.jpg
カメラ持って来て私に撮れと、このお方何をしたかったのでしょうか???笑

IMG_0290_20161203095517013.jpg
桑港丸、この辺で水深45mくらいでしょうか?

IMG_0296_20161203095517b79.jpg
一式陸攻の機体内部、通り抜けれます。

IMG_0298.jpg
薬莢、大砲のでしょうか?

IMG_0308.jpg
通気口ですね。

IMG_0310.jpgIMG_0326.jpg
超レアーな飛行機、現存するのはこれだけという、2式水戦のフロートと製造プレート

IMG_0314.jpgIMG_0315_2016120310004667e.jpg
こんな感じで内部に侵入します!、アドレナリン出まくり、興奮しすぎて私がオシッコちびってる???笑瞬間ですよ

IMG_0327 (1)
ペネトレーション、広い機関室でした。

IMG_0327_20161203100043734.jpg
2式大艇

IMG_0339.jpg
この方、またやってます

IMG_0340.jpg
桑港丸、95式軽戦車

IMG_0343_20161203100758a3f.jpg
平安丸、ここから入ってペネトレーションします。

IMG_2764.jpgIMG_2765.jpg
山霧内部にあります巨大な砲弾、長門クラスの戦艦に使われている砲弾です。

IMG_2773.jpg
巨大なエンジンヘッド

IMG_5532_20161203100754320.jpg
そして、伊169潜水艦、この写真は今回写したのではなく前回行きました2014年撮影したものです。今回は私はビデオを持ってましたので写せなくて、この最も潜水艦らしい雰囲気のある後方右舷側からの写真を誰も取って無かったのでこの写真を使いました、今回は透明度が凄く良くてもしもこの角度から撮ってるならばもっと良い写真となったでしょうね。

一式陸攻でのniki劇場の始まりです!、順にみてください
PB200528.jpg
落ちている、機関銃を拾います。

PB200527.jpg
結構重いです!、フィンも脱いで構えます。

PB200530.jpg
そっして、前に出てきた標的、半分膨れた、模様フグみたいなともみ嬢に向かって

PB200529.jpg
死ね

PB200540.jpg
その後、ともみ嬢は・・・・・

PB200539.jpg
憂さ晴らしに、中野君を撃ってました笑

PB200543.jpg
何してる?、何を頂戴???

PB210638.jpg
これは平安丸の左舷側面で
PB210693.jpg
色々な備品見てます。

PB210668.jpg
平安丸、さらに内部に奥深く入ります!、次回チュークはこの船だけで2~3本はやりたいですね。

PB210697.jpg
二式水戦、昨年見つかったばかりで、ここにダイビングしたのは10名も居ない、超、超レアーな飛行機です。

PB190138.jpg
伊169潜水艦の右舷側スクリュー、船の大きさからするとかなり大きなスクリューです。

今回のチュークツアー、早く湧くようにティファールの湯沸かし器、炊飯器それにお米は勿論の事、大量の食材を持ち込み、朝食、ダイビング時のお弁当と和食にて済ませました
基本、チュークでは生野菜は望めません、また揚げ物や脂っこいものが多いですので、手間はかかりましたが、滞在中の胃腸への負担は少なかったですよ。
IMG_0110_20161203104052819.jpg
朝ごはん
IMG_0111.jpg
毎日みんなで作る食事、これも楽しかったです。

IMG_0255_20161203104050d66.jpg
ダイビングが終わりホテルに戻ってくると、その撮った写真見たり、ネットしたりとまったりです、他にすることがないってこともありますが・・・・
あとは、昼寝かな?

IMG_0281_201612031040505f2.jpg
よるはこれ、毎日酒飲みですが、私はほとんど飲まず、中野君にいたっては全く飲まないので、この二人の酒飲みに着く会ってるようなものでした
IMG_0280_20161203104049ef6.jpg

masaki1000本記念、ダイビングを初めて約17年ほど、そのうち2回の妊娠・出産・育児期間がありますので5年ほどは潜ってませんから12~3年でこの本数です。
IMG_0252 (1)
IMG_0359.jpg
IMG_0361.jpg
ヤツは、チュークで1000本記念を迎えたかった為に、9月頃より本数調整し、夏真っ盛りの超忙しい時期からあまり潜りませんでした、講習に行けと言っても行かず、五島に行くぞと言っても飲み会を入れ、男女群島に行くぞと言っても頑なに拒否してこの日を迎えました。
2日目の1本目は、トレジャーズ前のリーフで良いと私は言ったのですがね?

この二人、やりたい放題でした
IMG_0255 (1)
ボートにまでビール持ち込むし
IMG_0305.jpg

朝からビール飲むし
IMG_0347_20161203105326546.jpg
どう思います???

そして、LOGの最後になりましたが、今回も慰霊碑に行きまして英霊の御霊にお線香、日本酒、たばこをお供えしてご冥福を祈ってきました。
IMG_0375_20161203105959382.jpg
IMG_0379_20161203105956012.jpg
IMG_0378.jpg
IMG_0377_201612031059541d0.jpg
安らかにお眠りください

長いLOGにお付き合いいただきありがとうございました!

そして、来年のチュークツアー、私の趣味にお付き合いいただける方を広く、沢山募集します
ずっと、行こうと口説いてるのが一人居るのですが、チュークは絶対に行かない、私のダイビングスタイルと違うと強く拒否されてるのですよね

今回のオマケ
チュークツアーとは全く関係ないのですが、お隣のポンペイにあります戦車です、滞在していたホテル近くの民家の庭先にありました、今回見た95式軽戦車よりも大きいように思えます???
S__1622023.jpg
S__1622020.jpg
S__1622021.jpg
S__1622022.jpg
S__1622024.jpg


                 
        

2016年11月5日~6日 男女群島&肥前鳥島

2016/ 11/ 07
                 
前回のツアーとは打って変わって秋晴れの超べた凪

どうもこうも極端なのでしょうか、参加者の誰かが悪さしている???、少なくとも私ではないです!(笑)

何はともあれべた凪の早朝に出発、夜明けも随分と遅くなりましたね。
S__1360005.jpg

福江沖を通過する頃に夜明けとなりました。
S__1360001.jpg
S__1360002.jpg
遠くに五島列島が見えます、凪ですよ、凪

ここで、お詫びがございます、今回水中写真が無いのですよ、え~とですね、エターナルブルーのスタッフからは何しに行ったのか!(怒)ってまた怒られるのですが
理由は、カメラ持って行ったのですが、電源を入れるとなんと「カードが入ってません」のコメントが、ガ~~~~~ン
SDカード忘れてってました

でですね、そんなときに限って久しぶりに2~30kgのキハダマグロの大群、20kgほどのカンパチの大群、10kgほどのヒラマサの大群が何度も出てくれたのですよね
男女群島の水中は現在秋真っ盛り!、大型回遊魚三昧ですよ
水中では見れませんでしたが、カツオの大群が水面で大暴れして、そこに海鳥が多数突っ込むのも大迫力でした

そして、翌日はこんなべた凪、こんなチャンスは滅多にないと肥前鳥島へ
S__1359971.jpg
S__1359974.jpg
ん~、いつ見ても、何度見てもこの景色興奮しますね!、どんな美人に口説かれるよりも鳥島の方が興奮しますね
多分???(笑)

男女群島もすさまじい数の魚影ですが、鳥島はその何倍もの魚影です
釣りでは何度も訪れたことのある城島さん、今回鳥島ダイビング初参加でしたが大興奮でした、そしてスケールの大きさに怖かったとも言われてましたよ。
透明度も20mとか30mなんてレベルではなく、その何倍も見え過ぎくらいにありますからね

ほんとスミマセン、水中写真無くて、私も水中写真UPしたかったです

今回は久しぶりの男女群島泊でした
五島まで戻りませんので、時間もゆっくりでしてダイビングの合間休憩中はみんなで魚釣り、アカハタにアラカブは入れ食い、小型ですがアラも釣れましたし、ヒラマサも沢山釣れますよ
S__1359996.jpg
S__1359997.jpg

で、夕飯はK先生お手製のアラご飯を作っていただきました!、
S__1359991.jpg

その残りのお魚を使って私がお鍋にしました
S__1359989.jpg
S__1359988.jpg
S__1359983.jpg
S__1359981.jpg
S__1359987.jpg

ビールと焼酎もチョッピリ!?
S__1359990.jpg

イヤ~、やっぱり凪ってよろしいですね!
S__1359992.jpg

ナギでしたので釣り人もたくさん来てましたよ。
S__1359995.jpg
S__1359994.jpg

そして、11月末の26日~27日に予定してました男女群島ツアーですが中止としました、ですので今回の男女群島&肥前鳥島ツアーが2016年度の最終ツアーとなりました。
今年も九州内は勿論の事、関東、関西方面から沢山のお客様に来ていただきました!、厚く御礼申し上げます
何よりも、この自然厳しい「東シナ海の秘境・男女群島」にてこれまで1回の自己無くツアーを開催して過ごせて来てるのも、ゲスト皆様のご協力のおかげです、深謝いたします。

来年の通常ツアーは4月から始まります、2017年のツアー日程はほぼ決まってるのですが、チャーター便とのスケジュール調整がありますので、HPにてのUPは12月頃となります。

男女群島ツアーにご参加いただきました皆様本当にありがとうございましたm(__)m