スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

2016年 3月19日25日 シミランクルーズ

2016/ 03/ 28
                 
すっかり春の陽気となり、桜もチラホラ咲き出しましたね、でも例年より少し遅いような気もしますが・・・

今年2回目のシミランクルーズに行ってきましたよ、今回も現地プーケット集合でして、福岡からはKさんと私、関空からKさんご夫妻、そして成田からはKさんと皆さんKさんでして私だけnさんでした(笑)

今回私と福岡出発でご一緒するKさん、とうよりこのログではK先生でおなじみだと思いますが、このお方誘った私が言うのもなんですがリゾートとかは全く似合わないお方でして、ましてやマンタもジンベエも全く興味がないと言い切るお方です(爆笑)

ではなぜに今回このクルーズに参加されたかと申しますと、当初参加を予定していた方々がこれなくなり福岡からは私一人となりましたのでこれでは寂しいと、お付き合い頂けませんかとお願いしましたところ快諾して頂いた次第です

エターナルブルーにはこんなお付き合いをしていただけるお客様が何人か居られましてメチャクチャ助かってます
また、ダイビング以外でも色々なことで電話しあったり、奥様もご一緒にダイビング無しの旅行などに行ったりもしてます。

関空から参加のKさんご夫妻とは昨年のパラオツアーでたまたま現地にてお会いして、その時このクルーズにともみちゃんたちと一緒にお誘いしました、お会いするのは今回が2度目です。

そして成田からご参加のKさん、今年で3年連続シミランご一緒してまして多分来年もご一緒すると思います!?(笑)、何故かと申しますとこのお方今年のクルーズにて罠にはまったと申しますか、核兵器のボタンを押してしまったのですよ(御自分談)、もう抜け出せないと思います。
そして彩子さんと私は知らないふりするはずです(爆笑)

そしてガイドはおなじみのアンダマン海の主、シミランの女帝様、彩子さん、この5名で毎日笑い過ぎ、4泊5日のクルーズに行ったのでした。

ちなみにシミランクルーズは5~6人がちょうどよい人数だと思います、多すぎず少なすぎず、色々なリクエストにもお答えでき、参加されたゲストと水中でも船上でもゆっくり過ごすことができますから。
これはどういう意味か、エターナルブルーのシミランクルーズに参加された経験がある方にはすぐにお分かりだと思います

まずは今回利用したクルーズ船のご紹介です『ホワイトマンタ』
IMG_9737.jpg
IMG_9745.jpg
IMG_9739.jpg
これまで私が乗ったシミランクルーズの船では最大だと思います、大きさもさることながら装備とサービスも最高に良かったですよ

お部屋です。
IMG_9638.jpg
IMG_0245.jpg
IMG_0246.jpg
DSC_1249.jpg
DSC_1251.jpg
DSC_1255.jpg
そして各部屋にバス、トイレが付いて、部屋で使うバスタオルも常備してあります。
広いくて豪華な部屋でして、入るなりK先生「こんな豪華な部屋、そしてクルーズは○○○○○○○○○○○○」って言わんでいい事余計な言ってましたよ(笑)

ま~、これくらいのサービスはある程度以上のクルーズ船ならば時々ありますが、この船の凄いのはダイビングごとにふかふかの暖かいバスタオルが毎回準備されてるのです。
こんな風にダイブデッキにおいてあり、時にはシャワー浴びるのをスタッフがタオルもって待っててくれます。
IMG_9794.jpg
IMG_9796.jpg
本当にふかふかのバスタオル、マジで気持ちいいです

そしてダイビングごとに暖かいお茶とフルーツもダイブデッキに準備してあります。
IMG_9703_20160328102858365.jpg
他にはカメラの水滴を飛ばすエアーガンなんかもありますよ。

ウエットの脱ぎ着は私みたいなおっさんにでも手伝ってくれますし(笑、)もっとも強制的に着せられ脱がされてるって?気もしない訳ではありませんが・・・・。
また、脱いだウエットはスタッフが毎回洗って(洗剤で)干してくれます。

講習でもツアーでも「自分のことは自分でしなさい!、自分でできて1人前のダイバーですよ」って教えている私ですので、そこまでするかっていう気もするのですが?、リゾートのダイビングでは確かに楽ですし悪い気はしませんね
良いサービスではないでしょうか?

ブリーフィングはこんな風に絵や写真、地図ではなく、船上にあるもをいろいろ使って地形を作って説明してくれます。
DSC_1286.jpg
IMG_9705_20160328105119b63.jpg

中央が今回のボートマスター、前回の船のボートマスターとは違ってブリーフィングは短めで良かったのですが英語は聞き取りにくかったです。
IMG_9992.jpg
現地で得た情報によりますと、このボートマスターはタイ方面のツアーで私がもっとも苦手(恐怖)とする「趣味趣向」の持ち主らしく?、できるだけ近ずかないように、絶対に目を合わせないようにしておりました

やばかったっす

今回の船には乳首だしてうろうろする女性、ドライエリアを毎日ビショビショにっする自分勝手なおばはん等々、マナー無視の変な方々が色々乗ってましたよ。

クルーズ船の楽しみである食事
DSC_1272.jpg
DSC_1288.jpg
DSC_1289.jpg
DSC_1291.jpg

おやつも手作りでした。
DSC_1294.jpg
DSC_1340.jpg
DSC_1275.jpg
DSC_1274.jpg
DSC_1276.jpg

クルーズ中のスケジュールはポイント名も含めて書き出されます。
DSC_1277.jpg

ダイビングですが、このシミランクルーズに来だしてから15年以上経つのですが、これまでは最も北がリチェリューでして、今回それよりさらに北のスリンにて初めてダイビングすることができました、地図で確認しましたが本当にミャンマーとの国境ギリギリのポイントですね。
IMG_9986.jpg
DSC_1302.jpg
IMG_9963_20160328113325a63.jpg
IMG_9983_20160328113324654.jpg
IMG_9984.jpg
IMG_9985.jpg
またこのクルーズのお目当てでしたジンベエサメには出会えませんでしたが、透明度もよく、魚影も濃くて、水温は29度前後と快適でしてゲストの皆さんとダイビングを楽しめました

私、ナイトダイビングの本数だけでも4桁ありまして、男女群島では流れの中を水深30mオーバーのドリフトなど普通にやってますのでリゾートではナイトダイビングはほとんどしません、ですが今回Kご夫妻はナイトダイビング初めてだとのことでしたので、久しぶりに私もダイビングにお付き合いしました
念のために申し上げておきますが、ナイトダイビングを余りしないのはビールを早く飲みたいからではませんので
IMG_0001.jpg
IMG_0004_20160328114424b5e.jpg
IMG_0006.jpg
IMG_0010.jpg
IMG_0014_20160328114422091.jpg
IMG_0016_20160328114422a2d.jpg
IMG_0023.jpg
IMG_0028.jpg
IMG_0019.jpg
IMG_0018.jpg
K先生、ベテランらしくナイトダイビング初めてのKご夫妻を上から照らして挙げられてました。 
IMG_0032.jpg
でも、私は魚に興味がなくただ単に暇だっただけだと思うのですが・・・・・???

エントリー
IMG_0037_20160328120308bdf.jpg
IMG_0038.jpg
IMG_0039_20160328120307cc7.jpg
IMG_0040.jpg
このホワイトマンタですがエントリー・エグジット共に基本はディンギーなのですよ、母船からのエントリーはこの1回だけでした。私としてはエントリーは母船から、エグジットはディンギーが楽だと思うのですが・・・。

ダイブデッキ集まってからディンギーに乗り移ります。
IMG_0036_20160328120751b4c.jpg
IMG_0122.jpg
IMG_9624.jpg
IMG_9626.jpg
IMG_9798.jpg

ディンギーに乗るとスタッフがフィンをはかせてくれます、私も甘えて毎回お願いしました
IMG_0082.jpg
IMG_0086_2016032812115198f.jpg
IMG_9644.jpg
IMG_9645_20160328121150a62.jpg
IMG_9805_201603281211502c1.jpg
IMG_9842.jpg
IMG_9864_20160328121300e95.jpg
IMG_9848.jpg


お迎えもディンギーが直ぐに来ますので、浮上してもほとんど動きません。
IMG_0243_201603281214203d7.jpg

水中でのゲストの皆様
IMG_0045_201603281225557f3.jpg
IMG_0049.jpg
IMG_0097.jpg
IMG_9653.jpg
IMG_9658.jpg
IMG_9717.jpg
IMG_9807.jpg
IMG_9856.jpg
IMG_0045_201603281225557f3.jpg

そしてこのお方、題して『お前はもう死んでいる』笑
IMG_9823.jpg
お前はもう死んでいる
IMG_9774.jpg
お前はもう死んでいる
IMG_9875.jpg
お前はそれでも隠れたつもりか
水中で私の予想通りの動きをされるのでした(爆笑)

船上でも水中でも毎日良く笑いましたね
IMG_0207_2016032812430162d.jpg
IMG_9641.jpg
IMG_9642.jpg
IMG_9923.jpg

サンセットダイブ
IMG_9838.jpg

アンダマン海に沈む夕日
IMG_9952_20160328125141d53.jpg
IMG_9966.jpg

今回いつものバラクーダではなく店のレンタルフィンで行ってきました!、2週間後のパラオはペリリュー行きたいのでバラクーダで行くつもりです
IMG_9709.jpg
ちなみにブーツは履きません、コスモスで買った5足298円の靴下です(笑)、お客様にもサイズさえ合うならば靴下でもOKですよとお勧めしてます


IMG_0062.jpg
IMG_0076.jpg
IMG_0105_20160328130005f36.jpg
IMG_0108_201603281300049ec.jpg
IMG_0163_20160328130004a97.jpg
IMG_0194.jpg
IMG_0227_20160328130521f91.jpg
IMG_0290_20160328130521fb7.jpg
IMG_9665.jpg
IMG_9667.jpg
IMG_9669.jpg
IMG_9674.jpg
IMG_9712_20160328131033b9f.jpg
IMG_9723_201603281310320eb.jpg
IMG_9714_201603281310337b4.jpg
IMG_9725.jpg
IMG_9732.jpg
IMG_9750.jpg
IMG_9883.jpg
IMG_9866.jpg
IMG_9826.jpg
IMG_9894.jpg
IMG_9911.jpg
IMG_9919.jpg
IMG_9756.jpg
IMG_9768.jpg
IMG_9778.jpg
IMG_9788.jpg

好む、好まざるとは別で毎晩宴会でした
IMG_0249.jpg IMG_0250.jpg
おつまみ類も沢山持っていきました

今回めっちゃヤバかったのですよ、自慢ではないですがこれまで水没させたカメラは数知れず(笑)、あのオリンパスの名機と言われた7070も初めて使った時に水没させた私ですが、なんと今回初日の1本目、水深26mほどのところでガーデンイールを撮っているときにハウジング内に海水がポタポタと・・・・・、これはヤバいとそれからはずっと上の方をうろうろと、船にあがってからよく見ると、ハウジングの淵とOリングに砂がびっしりと!、そういわれると昨年夏からメンテナンスしてないね???
いや~、今回のツアーカメラ無しになるところでした、カメラの手入れはめんどくさがらずにちゃんとしましょうね
DSC_1266.jpg
あわてて、ティッシュと綿棒で奇麗にふき取り、グリスアップしました。

ということで、長い長いLOGにお付き合いだきありがとうございましたm(__)m
スポンサーサイト
                 

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。