2016年5月30日(月)~31日(火) 男女群島&高麗曽根

2016/ 06/ 01
                 
最初に申し上げますが、今年は高麗曽根の石鯛の産卵当てましたよ(^.^)/
水中は抱卵した石鯛が何百、何千と集まり乱舞してます、水深10m前後の浅場は、右も左も、上も下も見渡す限り石鯛ばかりですよでもまだピークではないみたいです?
高麗曽根の石鯛、昨年外しただけに今年はバッチリ当てて私満足感に浸っております!

5月最後の2日間は久しぶりのファンダイブでした、5月はGW中に1回だけファンダイブには男女群島に行っただけでした
平日、週末を問わず講習、講習に追われまして全くと申しましていいほどファンダイブしてません
これは、スタッフが足りないってのもありますが、講習とファンダイブを一緒にしますとどちらも片手間となり、何より安全性に問題が出てきますし、どちらのお客様にも満足していただけないのではと私は考えるのですよ。。。。。

でっ!(笑)この際ですので申し上げておきますが、今月6月も週末の、金、土、日は全部講習で埋っておりましてファンダイブは今のところ予定しておりません、スミマセン!、ごめんなさい、申し訳ありません

ちゅうことで、ファンダイブに行かないものだから、男女群島や五島列島常連のお客様達からは
「このいい時期に入ってるのに潜りにいかないなんてniki、お前はいったい何考えてるんだ!、ボケ!、アホ!!!」っと怒られてるのですよ・・・・・・
笑い事ではないのです・・・・・・。

ちゅうことで空いてる平日に行ってきました男女群島、しかもお客様のお怒りを鎮めるために、少しでも私へのお怒りをそらすために(笑)、なんと男女群島→高麗曽根の九州ではこれ以上のポイントは考えられない?、超ゴールデンコースを組んでみました
そして、天も神様も仏様もキリスト様も私に味方してくれて二日間共に超べた凪~~~、今年最高のお天気といっても言い過ぎではないでしょう

日曜日の講習を終えると、そのままタンクに器材、大量の飲み物や食料などを積み込んで出発です。

夕飯は佐世保の老舗お鮨屋さん『江戸銀』さんで
DSC_1654.jpg
お店の大将には最近顔も覚えていただき、メニューに載ってない美味しいものなども出していただけるようになりました
あっ、カウンターに乗ってる日本酒、これって持ち込みです(笑)

DSC_1649.jpg
最初はお酒のおつまみに、レアーで超美味しいお刺身色々

勿論お寿司も!
DSC_1651.jpg

で、この2点がメニューに載ってないものでして
DSC_1650.jpg
新玉ねぎを細かく刻んで、なかにはヒラマサのトロの部分とを特製のソース(ポン酢みたいな味です)で合えてあります、激ウマですよ
トコブシを何時間も煮込んで味付けしてあります、これは最高の珍味ですね
DSC_1653.jpg
こんなものどこのお鮨屋さんでもないでしょう?

予定通り3時出航です、船はべた凪の海を快調に走り、6時過ぎには男女群島到着しました。最近は夜明けが早くなって5時過ぎには明るくなりますからね
P5300103.jpg
P5300105.jpg
P5300102.jpg
凪ですよ凪、予報ではこれからさらに凪いで水面は鏡みたいになるとのことです


1本目、4月から狙っているポイントでして、50mの海底から一気に突き出した瀬が水深8m前後までそそり立っているポイント
P5300094.jpg
P5300095.jpg

8mのトップはこんな感じです。
P5300101.jpg
水温は23℃まで上がってきました、透明度も30mオーバーと普段の男女群島です。

3本目は最近見つけたニューポイント
P5300119.jpg
P5300123.jpg
P5300124.jpg
P5300130.jpg
P5300131.jpg
P5300134.jpg

4本目は男島の東側にて
P5300171.jpg
P5300174.jpg
P5300178_20160601154122f4c.jpg
P5300180.jpg
P5300185.jpg
今回の男女群島はこのポイントがもっとも透明度が良かったみたいですね、多分50m」近く抜けていたと思いますよ、男女群島の透明度、国内は勿論ですが海外の有名ポイントと比べても決して負けない透明度と魚影だと思います

4ダイブして、シャワーを浴びて男女群島を後にしました、行先は五島列島は若松島、エターナルブルーのツアーでは毎度おなじみ定宿としている「エビ屋さん」です。

五島列島まで渡る海峡、約1時間ほどですが、海はさらに凪いで超、超べた凪、水面は鏡のようです
今回私たちを見送ってくれたのは、この方々?
22607.jpg
22605.jpg
22604.jpg
22603.jpg
舵を取ってる私の横にいきなり現れたのでびっくりしました、マッコウクジラです。この時期男女群島周辺海域ではよく見られる光景です。
すさまじい数のイルカの群れも探せば近くにいるのですが、燃料がもったいないのでそのまま帰りました(笑)

久しぶりのエビ屋さん、今年は初めてです。
P5300188.jpg
P5300189.jpg
22765.jpg
22764.jpg

これがいつも私たちに取って頂いている8畳二間続きの広いお部屋
個室にツインのお部屋もありましてエターナルブルーのツアーでは女性は基本的に個室を準備させていただいてます、カップルやご夫婦、複数でのツアー参加はツインのお部屋をご用意しております。
あっ、そうそうイビキのうるさい方、酒癖の悪い方にも最優先的に個室を準備させていただいております(笑)
22763.jpg
食事が終わり就寝されるまでの間は皆さん、我々の部屋に来られて、ビール飲んだりその撮った写真や動画を見たりして過ごされます。
私はほとんど行き倒れのように皆さんがワイワイ、ガヤガヤ楽しまれている横で早くに寝てます、この日も一番早く20時過ぎには寝てました(笑)
でもですね、ご容赦ください!、3時に出航して男女群島までの往路、そして五島列島までの復路、皆さんベッドで寝ておられますが、私はすっと舵取ってるので寝てないのですから。

何時もの事ながら凄い食事です、お腹いっぱいどころか全部食べるとパンパンになりますよ、写真の他にご飯とでっかいお椀で汁物だ出てきます。
22760.jpg
22757.jpg
ただ、エビ屋さん最近は予約取るのもなかなか難しくなってきました・・・・・・

翌朝はなんと霧が出て視界は悪いところは100mくらいまで落ちてます、ちゅうことは風が無い、風が無いってことはべた凪
22750.jpg
22751.jpg
22752.jpg
22755.jpg

7時に朝食
22748_edited-1.jpg
22749.jpg

8時に出航、若松島から高麗曽根までは約30~40分で到着です、つくとこの辺り一面海で何もない海域、波有りません、凪ですよ凪
P5310196.jpg
P5310197.jpg
P5310198.jpg
P5310199.jpg
凪ですので近くには漁船もたくさん来てました!、なに釣ってるのでしょうね???

透明度は決して良いとは言えませんでしたが、産卵石鯛が沢山乱舞してました
P5310216.jpg
P5310218.jpg
P5310219.jpg
P5310233.jpg
P5310236.jpg
P5310239.jpg
P5310242.jpg
イサキも沢山
高麗曽根、今行かないでいつ行くんだ、って感じです
この時期だけ見れる大挙して集結する産卵石鯛です、それはそれは見事な乱舞ですよ、皆様も一度見に行かれてはいかがでしょうか?
こんなのが見れる海域が他にあるでしょうか?、長崎県の立派な財産だと思います。

今回のおまけはエビ屋さんのカウンターにありましたこれです!
DSC_1659.jpg
DSC_1660.jpg
仕入れたアラカブが食べてたセミアビの赤ちゃんらしいです!?、珍しいのでアルコールに付けて保存してありました。
スポンサーサイト
                 

コメント