2017年4月20日~25日 ペリリュー島

昨日今年2度目のパラオから帰ってきました、今回はペリリュー島に限ったツアーだったのですが、色々と勉強になりました

最初に申し上げますが、これから始めるツアーLOGはいつもより短いですし、写真も少ないです
写真が少ないのは、イレズミフエダイと、GT,ブルシャーク、カマストガリザメしか撮って無いからです笑

で、ツアーの感想は長いです!
今回のツアーでの感想は何時ながら私の超独断と偏見によるものです、異議や反論は一切受け付けませんし、文書力に欠けるために、表現に失礼や言葉足らずがあると思いますので?、最初に謝っておきます、申し訳ありません

本当はLOGはここに書いて、感想は「nikiの言いたい放題」に書こうかなと思いましたが、次の出発、ゴールデンウイークツアーまで時間がありませんので、ここだけで一度に済ませます。

まずLOGです、今回のパラオ行きは、3月に行きましたパラオツアー時にお世話になりました現地サービス
       魚治
           https://uoharudive.jimdo.com/
様が毎年この時期に行ってる「ペリリューウイーク」に参加するためでした

GW直前、しかも山ほど仕事を受けてるときでしたので、スケジュール調整に苦労しての出発となりました
この忙しい時期にまずかったかな?、とマジで後悔もしましたが、行くと言ったのもはしょうがないと、そこは帰って来てから倍働けばいいかと、きっぱりとあきらめて、今回は遠慮なく往復ビジネスクラスで出発しましたよ~笑

今回もユナイテッド航空でしたが往路復路共に何のトラブルも無しに行って帰ってきました。
この路線のビジネスクラス16席のうち往路は3席のみ、帰りはなんと私一人だけでした、エコノミー席はそこそこ満席近かったのですが、やっぱりこの前のダブルブッキング騒ぎが影響してるのでしょうか???

私のダイビングは21日、22日、23日この3日間、1日4本潜りますので合計で12本潜ってきました。
まずは写真見てください。
IMG_4914.jpg
IMG_4922.jpg
IMG_4924.jpg
IMG_4931_20170426194152571.jpg
滞在中は、抜けるような青空、最終日のダイビング中に数分だけスコールが来ただけで、全く雨には合いませんでした、やっぱり俺は雨男じゃない、もう雨男とは言わせないと確信した次第です

水中ですが、まずはサメから(一部写真は魚治様から頂きました)
18109462_1334810849941421_751267652_n.jpg
18136454_1334811659941340_1583857452_n.jpg
18136897_1334812273274612_1260044325_n.jpg
18142760_1334812573274582_610798000_n.jpg
18142864_1334812009941305_1331374607_n.jpg
18155328_1334809946608178_1579117016_n.jpg
IMG_4795_2017042619494902e.jpg
IMG_4836.jpg
IMG_4985.jpg
IMG_4986.jpg
カマストガリザメに巨大なブルシャーク、どうですか?、サメ好きにはたまらないですね。

磯マグロに亀も?笑
IMG_5236.jpg
IMG_4961.jpg
こんなのどうでも良いですね?

そして、GTの群れ、メインがイレズミでしたので写真は少ないですが、結構出てましたよ。
IMG_4820.jpg
IMG_4997.jpg
このLOGをフェイスブックにリンクさせるときにGTとイレズミが一緒に写ってる動画をアップしますのでお楽しみに
帰国後のLOGネタに取っておいたのでした

そしてメインのイレズミフエダイ
IMG_5051_20170426200312197.jpg
IMG_4824_20170426200310f3c.jpg
IMG_5096.jpg
IMG_5103_201704262003082be.jpg
写真で霧がかかっているように見えてるのはイレズミフエダイの雄が放つ精子です、ダイビング2日目の2本目はこの雄が放つ精子で一時視界が凄く悪くなるほどの凄い産卵でした。

あとは、ダウンカレントに持ってかれて、浮上中でしたが一気に水深30mオーバーに逆戻りしたり、我々が吐いた泡が洗濯機の渦みたいに下に行ったりと、エキサイティングな私好みのダイビングでした
IMG_5122.jpg
上から押さえられる潮の中で、フロートを上げようとしてるのですが、我々が吐いた泡が、上には上がらず、周りからも離れれず、固まったままです。

IMG_5117_20170426201137ece.jpg
我々が吐いた泡が、下に行けば行くほど竜巻みたいにまとまって沈んで行ってます、この写真はどうしても撮りたかったので、自分でダウンカレントに突っ込んで撮影しました

これもダウンカレントでして泡が上には上がらず、しばらく横に流れてから沈んで行ってますね。
IMG_4874.jpg

そうそう、3月のツアー時に我々を虜にした巨大なタマカイは居なくなってました。

これくらいでLOGは終わりにしようかなと思います。

で、今回のLOGはこれからが本題でして、もう20年近く、いやそれ以上かもしれませんがずっとずっと続けているこのパラオツアーですが、ペリリュー島にこれほど頻繁に行きだしたのはここ10年ほどです!、これはメインポイントであるブルーコーナー方面に昔ほど魚が居なくなってきたせいでもありますが・・・・・・

で、このペリリュー島のイレズミフエダイの産卵は過去に私2回当てたことがあり、今回で3回目です!
なんどもペリリュー島行っててたった当てたのは3回かい!、とお思いでしょうが、イレズミフエダイを見るのと産卵を当てるのは同じイレズミフエダイでも全く別物だと今回のツアーで感じました、そしてそれが分かったのが一番の収穫です。

3月のパラオツアー、そして今回のペリリュー島ツアーのメインガイドは坂上次郎氏

この方、色々な魚の研究をされてて、その世界では超有名人らしいのですが、実は2008年のエターナルブルーパラオツアーで2月20日~23日までの4日間ダイビングをご一緒してるのです

自慢するわけではありませんが?、イントラなのに魚の名前を知りませんし、5文字以上の魚の名前は覚えられません???笑

魚の生態などもほとんど知らない私?、当時、ハゼの研究しているガイド?????、ってきいて、?がたくさん飛んでました動かないハゼを研究しているのがガイドできるの???って・・・・

過去のデータを探してたら、有りましたよ、有りました、当時の写真が
DSC03117.jpg
DSC03118.jpg
DSC03139.jpg
ツアーメンバーと一緒に、坂上氏が写ってますね。

当時も今と同じで、ガイディングのリクエストはマクロは全く不要!、細かなガイドも不要で、コース取りくらいのザットシタ、ざっとしたガイドでよろしいですよと・・・・・・、エターナルブルーのこの辺のスタンスは昔も今も全く変わってません。

最近の魚治のブログを見ますと、坂上氏は「あだ名」を付けるのがお上手らしいのですが、当時のエタブのメンバーも坂上氏に即行であだ名を付けました、それが「も〇〇り次郎さん」、これは3月のツアーの時にご本人と加奈さんにはお話したのですが、お二人の感想は・・・・・・?

それから9年たった今年、久しぶりにお会いしたのでした、坂上氏と私は赤い糸で結ばれてたのかもしれません?笑、彼との出会い、再会は魚を知らないイントラ、私をイントラとして成長させてくれました

ツアー中にこれまで疑問に思ってたことを質問したのですが、すんなりと的確に答えてくれましたし、今回のペリリュー島ツアーもその最たるものでして、先に書きました
イレズミフエダイを見るのと産卵を当てるのは同じイレズミフエダイでも全く別物
 

どういうことかと申しますと、イレズミフエダイの群れを見たのは3回どころかペリリューに行った時は毎回見てました、ツアー日程を組むときは月例、潮を考えて組んでました。
まあ、エターナルブルーのツアーの場合、絶対に潮読みは欠かせません!、いつも申してるように海では、「潮を制する者は全てを制する」です、激流走る男女群島汐をよめなければダイビングなんて絶対にできませんからね。

イレズミフエダイの産卵は今回で3回当てたと申しましたが、過去に当てた2回、私は自分の潮読みが正しかったと自画自賛してましたが、それはたまたま偶然で運が良かっただけだと今回の坂上氏とのペリリューツアーで分かった次第です。

今回の産卵は本物、長年取りためた研究の成果と、的確な潮読み、偶然とかラッキーとかではなくて坂上氏は当てて当然というはずです。
イエローウオールに居るイレズミフエダイと、コーナー突端付近にて散乱しているイレズミフエダイは別物ですよ!、イエローウオールに居るイレズミフエダイは、誰でも当てれるが、産卵を当てるのはデータですね!、坂上氏が「産卵に汐は深い意味では関係あるのだが、直接的には関係ない!」といった言葉が凄く印象的でした。

上手に表現できなく、文書力が無いために上手に書けませんし、坂上氏から教えて頂いたことでして彼の長年の研究成果ですので、私があまり詳しくは書けないのですが、今回のペリリューツアーはお金では買えない、良い経験をさせていただいたと思ってます。
俺ならば、何聞かれても、俺の腕がいいからと胡麻化して誰にも教えないですけどね・・・・?笑 笑 笑、坂上氏が書いた論文を是非読んでみたいです!、全部英文らしいですけど・・・・・

そして最後となりましたが、今回は現地にてご一緒させて頂きました皆様にもこの場をお借りしてお礼を申します!、お世話になりました有難うございました。
私の何倍もパラオ通の皆様、色々勉強させて頂きました、それこそ詳しくはここでは申し上げられませんが、パラオのガイドはお財布を5つ(4つでしたっけ?)持ってること、東の横綱、西の横綱・笑、〇〇〇のお話等々、今後ともよろしくお願いします。
皆さん翌日ダイビングは大丈夫でしたか?、Mさん、まっすぐに歩けないくらい酔ってられましたが…・笑

なんか、アレコレ書いて、とりとめのない文章となってしまいましたが、最後までお付き合いだきありがとうございました。
スポンサーサイト
2017-04-26(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

niki

  • Author:niki
  • PADIインストラクター&ダイビングサービス・エターナルブルー雑用係り
アルバム
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索